IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

金利上昇に伴い、ボラティリティが数年ぶりに復活する「FX」も米国株とあわせてトレードしてみよう

別記事で主要国の金利がいっせいに上昇を始めていることを書きました。

金利上昇はいろいろな相場に影響が出てくると思いますが、すでにボラティリティが数年ぶりに復活する兆しがありありなのが、FX(外国為替証拠金取引)です。

  • グローバルな景気回復時に買われる豪ドルが、対ドルで長期上昇トレンドの兆し
  • ブレグジットを終えて、長らく売られていたポンドが対ドルで長期上昇トレンドの兆し
  • ドル円が長期下落トレンドラインをブレイクして、長期上昇トレンドの兆し

以上の複数の要素が、金利上昇に伴うボラティリティの上昇と合わさるのは、なかなかないタイミングだと思います。(ここまで好条件がそろうのは、アベノミクスの始まりのあたり以来かなと。)
FXをされる方は上記でお分かりの通り、以上の条件がそろうと、「クロス円」がとてもわかりやすい長期トレンドになります。

ドル円が長期下落トレンドラインをブレイクして、200日移動平均線も越えてきたことをご覧ください。↓

ドル円日足チャート(クリックで拡大できます。)


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました