IG証券
コラム

ホーム・バイアスとは?

ポートフォリオの中で、自国の金融商品に過剰に投資してしまう傾向のことを、「ホーム・バイアス」または「ホーム・カントリー・バイアス」といいます。
日本では、個人投資家だけでなく、年金などの機関投資家でも国内金融商品への投資の割合がポートフォリオ全体の6~7割、というのはよくあるケースといわれています。

下図は、現在まで約18年間の日本株と米国株のパフォーマンスを比較したものです。日本株に多くの割合を投資するのは明らかに非効率です。安倍政権移行後に日本株は急騰していますが、円安の進行による他通貨資産への配分の重要性は、より高まっています。
SP500-NIKKEI-monthly2

ホーム・バイアスは世界的にみられ、日本だけの傾向ではありません。ホーム・バイアスの原因として考えられる要素は;

投資情報の入手可能性
為替リスク
などが考えられますが、バイアスの全容を説明できるだけの論拠はまだ実証されていないようです。

★外国株を取扱う証券会社自体が少ない(しかも手数料が高い)ことは、日本の個人投資家にとってホーム・バイアスの理由の一つでしょうね。

外国株を取扱う証券会社や外国株の情報が増加してきた現在、日本の金融商品に偏っている投資比率を見直し、米国株や米国のETFをはじめグローバルな視点でアセット・アロケーションを考える必要があります。

★当サイトが、ポートフォリオの見直しを検討する上でお役にたてれば幸いです。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました