IG証券
コラム

米国株投資のための英単語「Spook」

この記事は、「米国株投資のための英単語」特集の一環で書いています。
この特集では、TOEICなどではあまり出てこない一方で、株式ニュースでは頻繁に見かける単語や言いまわしをとりあげています。

「Spook」とは

今回は、「Spook」という単語を紹介します。

2021年5月3日、イエレン米財務長官(元FRB議長)が、月刊誌のインタビューで、「米経済が過熱しないよう確実を期するには、金利はやや上昇せざるを得ないかもしれない」と発言しました。

元FRB議長でもあるイエレンさんは、現在は財務長官で、政権のメンバーが金利の見通しについて発言するのはきわめて稀で(ましてや元FRB議長です)、この発言で市場が動揺、株式相場は下落、米国債利回りは下げ止まり、ドルが買われました。
イエレンさんの発言の中の「金利」は、FRBの管轄である金融当局の「政策金利」ではなく、市場金利のことを指していた可能性の方が高いと解釈されているものの、市場はびっくりしたわけですね。

この関連のニュースで、でてきた単語が「spook」です。

Yellen Spooks Markets With Fed-Like Comments: “Rates May Have To Rise Somewhat”
Investing.com)
訳:
イエレン財務長官がFRBのようなコメントで市場を怖がらせる:「金利は幾分上昇しなければならないかもしれない」

「Spook」は、怖がらせる・びっくりさせる・怯えさせる(他動詞)、怖がる・びっくりする・怯える(自動詞)、幽霊・スパイ(名刺)などを意味します。
形容詞は、「Spooky」です。

ハロウィーンは、どれだけ「Spooky」になれるかがポイントです。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました