IG証券
コラム

米国株投資のための英単語「Assault」

米国株投資のための英単語「Assault」

“Almost a year after Capitol assault, most Americans feel democracy is under threat.”

本日からちょうど1年前、2021年1月6日に発生した米国連邦議会議事堂襲撃事件は、通称「Capitol Assault」と呼ばれています。この議会議事堂襲撃事件は、連邦議会議事堂が米国史上初めて攻撃を受けて占拠された事件です。

「Capitol」は米国の連邦議会議事堂、「Assault」は「暴行・急襲・強襲」という意味です。

当時の大統領ドナルド・トランプの支持者が大統領選挙での選挙不正を訴えて、選挙に勝利したジョー・バイデンの大統領就任を正式に確定しようとしていた最中の議事堂を襲撃、議事は中断され、議会機能が一時的に喪失しました。侵入者は約800人程で、少なくとも31人が逮捕され、いくつかの報道機関はこの事件がトランプによる未遂のクーデターまたは自主クーデターであると報道しています。

襲撃に参加した人を見つけて起訴することが、法執行機関にとって「非常に重要、またはある程度重要」とする割合は、2021年3月調査の時点で87%でしたが、9月調査では77%に低下、支持政党別では、民主党支持者では3月と9月の調査とも95%と変化がありませんでしたが、共和党支持者では79%から57%に低下しています。(出所

当時は映像を見て、これが米国か?と目を疑う光景でした。

早いものであれから1年が過ぎ、今年は中間選挙の年ですね。

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました