IG証券
コラム

米国株投資のための英単語「Plummet」


この記事は、「米国株投資のための英単語」特集の一環で書いています。
この特集では、TOEICなどではあまり出てこない一方で、株式ニュースでは頻繁に見かける単語や言いまわしをとりあげています。

今回は、株式投資家としてはあまり見たくない単語、「Plummet」です。

「Plummet」とは

Plummet」(プラメッㇳ)の意味は、「to suddenly and quickly decrease in value or amount(ロングマン現代英英辞典)です。日本語訳としては、「急落する」「暴落する」です。

「Plummet」は、「Drop」とか「Fall」よりも、もっと大きな大幅下落のときに使われるので、「Crash」などと似ています。

「Plummet」の語源は、「鉛」を意味するラテン語「Plumbum」に由来していて、「Plunge」なども同じ語源です。

「Plummet」は、鉛の物体がまっさかさまに落ちるようなイメージ、ですね。

動画配信サービスのネットフリックス(NFLX)は、2022年4月20日、▼35.1%の急落で終了。2022年1Qの契約者数が約10年ぶりに減少に転じ、同社の成長に対する懸念が広がりました。また、長年拒否してきた広告付きプランを導入する計画が嫌気されました。

(クリックで拡大できます。)

以上ご参考になれば幸いです。

目次に戻る

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました