IG証券
コラム

米国株投資のための英単語「Languish」

この特集では、米国株投資のための英単語として、英語の株式ニュースででてくる言い回しを紹介しています。
今回は、「Languish」という単語です。

例文
Southeast Asia’s Economies Languish Amid Virus Challenges
(出所:Bloomberg,2021年5月11日)
訳:東南アジアの経済は、コロナウイルス禍(感染再拡大)の中で弱まっている

languish」は、弱る、衰える、元気がなくなる、しぼむ、しおれるなどの意味です。
株式市場や経済が低迷している状態だけでなく、人や動物が元気がない状態、花や植物がしおれている状態などにも使えます。
形容詞は、「languishing」です。

例文の記事の中では、東南アジアの主要国がコロナウイルスの感染再拡大によって2021年第1四半期の成長が鈍化しており、アジア開発銀行は先月、各国の2021年度の経済成長見通しを引き下げたことが紹介されています。

ご参考に、下のチャートは、2020年年初からの、ASEAN各国のETF(EPHE:フィリピン、EIDO:インドネシア、THD:タイ、EWM:マレーシア、VNM:ベトナム)を、S&P500(VOO)と相対比較しています。
(クリックで拡大できます。)

フィリピンとインドネシアが最も厳しいと思います。
一方で、ベトナムは少し状況が違います。
ご参考になれば幸いです。

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました