IG証券
コラム

2021年に米国株よりパフォーマンスが良かったのは、東南アジアのあの国

世界の株価指数のパフォーマンス比較(2021年年初~)

2021年が終わろうとしていますね。
今回の記事では、先進国とアジア諸国を対象に、2021年の年初からの株価指数のパフォーマンスを相対比較してみました。以下のチャートをご覧ください。

(クリックで拡大できます。)

順位の高い方から順に並べると、以下の通りです。

  • ベトナムVN株価指数(ベトナム)
  • ナスダック100(米国)
  • S&P500(米国)
  • 台湾加権(台湾)
  • EU50(欧州)
  • ダウ30(米国)
  • インドSENSEX(インド)
  • DAX40(ドイツ)
  • ラッセル2000(米国)
  • FT100(英国)
  • AUX200(豪州)
  • タイSET(タイ)
  • ジャカルタ総合(インドネシア)
  • 日経平均(日本)
  • フィリピン総合(フィリピン)
  • KOSPI(韓国)
  • 上海総合(中国)
  • 香港ハンセン(香港)

 

ベトナムだけが米国株(S&P500とナスダック100)をアウトパフォームしていますね。
台湾やインドも好成績でした。
上海総合や香港ハンセンが、最もパフォーマンスが悪い結果となりました。

ベトナムは、コロナ禍の中で独り勝ちの国、といわれていますね。
ご参考になれば幸いです。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました