IG証券
コラム

決算発表で見かける「セーフハーバー条項(”Safe Harbor” Statement)」とは何か?

この記事は、米国株「決算発表の見方」特集の一環で書いています。

「セーフハーバー条項(”Safe Harbor” Statement)」とは?

米国企業の決算発表で出されるプレスリリースの中には、当決算期間の実績値、通期の業績予想(ガイダンス)などの次に、「セーフハーバー条項(”Safe Harbor” Statement)」という、ぎっしりと書かれた長文の記述がありますが、これは何でしょうか?

通期の業績予想(ガイダンス)は、既に経過した過去の事実に関する情報ではなく、将来の見通しに関する記述(”Forward-looking statement”)です。

通期の業績予想のような将来の見通しに関する記述は、将来のことの推測・予測にすぎません。したがって、実際には推測・予測であるのに、過去の事実に関する記述と間違えられて、誤解を招く可能性があります。

通期の業績予想は投資家にとって、とても参考になる有用な情報です。しかし業績予想は将来のことなので、実際の業績は大きく外れることがあります。もし予想が大きく外れて、投資家が大きな損害を受けるかもしれないリスクに対して、情報を出す側の企業を保護しないと、どの企業も通期の業績予想など出さなくなりますね。

そこで、「The Private Securities Litigation Reform Act of 1995(1995年民事証券訴訟改革法)」は、特定の将来の見通しに関する記述に「セーフハーバー(安全な港)」を提供して、情報を出す企業を保護しています。

この法律によって、業績見通しなど将来の見通しに関する記述では、「それが書かれた時点でのみの真実(True)であり、条件が整った場合に記述の内容を更新する義務はない。」と主張する免責事項の記述ができます。もちろん、この記述は、読み手にとって情報の性質を理解できる表現である必要があります。

この法律があることで、企業は、大きな影響を恐れることなく、現時点における市場動向などの分析に基づいて、業績見通しを発表することができ、一方投資家に情報の性質を確実に知らせることができます。

目次に戻る

セーフハーバー条項の例

アップルのプレスリリース 2021年度2Q決算、2021年4月28日
(長文なので、最初の段落だけ記載します。)

This press release contains forward-looking statements, within the meaning of the Private Securities Litigation Reform Act of 1995. These forward-looking statements include without limitation those about the Company’s expectations regarding the impact of the COVID-19 pandemic; anticipated revenue, gross margin, operating expenses, other income/(expense), and tax rate; plans for return of capital; our goal of maintaining a net cash neutral position; and our investment plans and environmental initiatives.
(当サイト訳)
このプレスリリースは、1995年民事証券訴訟改革法における将来の見通しに関する記述を包含しています。この将来の見通しに関する記述は、COVID-19パンデミックの影響、予想収益・粗利益・営業費用・その他の収益・費用・税率、株主還元の計画、「ネット・キャッシュ・ニュートラル」ポジション維持に関する目標、投資計画、環境イニシアチブに関して、当社の予測に関する制限(限界)を含みます。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました