雇用統計とは?

雇用統計は、米国労働省の労働統計局(US Deparment of Labor, Bureau of Labor Statistics:http://www.bls.gov/)が毎月発表する、米国の雇用情勢に関する経済指標です。
発表時間は、毎月第1金曜日のNY時間午前8時30分です。
日本時間では;
21時30分:米国夏時間(3月第2日曜~11月第1日曜)
22時30分:米国冬時間
となります。

雇用統計は;

  • FRBの目標の一つが最大雇用であるため、米国の金融政策に重要な影響を与えること
  • タイミングが早いこと(前月分を翌月の第一金曜日に発表)
  • 予測の正確性が低いため、サプライズがおきやすいこと

などから、世界の経済指標の中で最も注目される経済指標です。
★米国企業は景気が後退してくると迅速に雇用を削減する傾向にあることも、雇用統計が景気先行指標として重要視される背景にありますね。

HP_DOL

※米国の中央銀行に相当するFRB(Federal Reserve Board:連邦準備制度理事会:http://www.federalreserve.gov/)の目標の一つが「最大雇用(maximum employment」であり、雇用統計の結果は金融政策に重要な影響を与えます。(FRBの金融政策の目標は、最大雇用、物価の安定(stable prices)、および節度のある長期金利(moderate long-term interest rates)とされています。大統領に対して、政府機関中最も強い独立性を有する一方で、世界経済に対する影響力は絶大です。

外国為替市場や株式市場などのマーケットは、通常、雇用統計の発表の前後で大きく動きます。また、本統計の中でも「非農業部門雇用者数(NFP: NonFarm Payrolls)」と「失業率(Unemployment Rate)」の2つの項目が特に注目されます。

非農業部門雇用者数:全米約44万の事業所調査(企業の給与支払い帳簿)を、基にしています。10万人以上の増加であれば、労働市場は改善方向にあるとされます。
失業率:約6万世帯の家計の聞き取り調査を基にしています。FRBは2012年12月、「失業率6.5%以下」を利上げ開始の最低条件と決定しています。

(参考)2013年2月の雇用統計

  • 非農業部門雇用者数:236千人増加
  • 失業率:7.7%

FOMC(Federal Reserve Open Market Committee:連邦公開市場委員会)
FOMCは、FRBが定期的に開く会合で米国の金融政策の最高意思決定機関です。6週間ごと火曜日、年に8回開催。終了後に議長の記者会見、声明文が公表されます。FRB(連邦準備制度理事会)の理事7名と、5名のNY連銀を含む地区連銀総裁(NY連銀総裁と、残り11の地区連銀総裁から4人が輪番)で構成され、議長はFRB議長、副議長はNY連銀総裁が担当します。(日銀の金融政策決定会合に相当)
FOMCでは短期金利の指標であるFFレートの誘導目標が決まるものの、多くの場合、結果は事前に予想されており織り込み済みの状態です。むしろFOMC後に発表される声明文の内容に注目が集まります。声明文の文言により、次回も利上げがされるかどうかを市場は判断します。

FOMCの2週間前には、12の地区連銀から「ベージュブック」と呼ばれる経済報告が発表され、直近の経済動向の変化を知ることができます。


スポンサーリンク

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】
IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)、UK100(英FT100)、GER30(独DAX30)、EU50(ユーロ50)
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
マネックス証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国株専用スマホアプリTradeStation
為替手数料ゼロ(円貨決済での買付も適用)
銘柄スカウター米国株
NISA対応
楽天証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
スマホiSPEED、マーケットスピード
特定ETF買付Feeゼロ
広瀬隆雄氏レポート・バロンズ要約
ドル・円決済選択可
NISA対応
SBI証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国立会時間に注文可
逆指値注文可
定期的買付可
住信SBIネット銀行で入出金手数料無料
IPOスピードキャッチ
NISA対応
PayPay証券(旧OneTapBuy)
銘柄数:100超
手数料:基準価格x0.5%
2021年2月1日、One Tap BUYは「PayPay証券」へ
1,000円から米国の優良銘柄の株主に
操作はスマホ3タップだけ
誕生記念キャンペーン・キャッシュバック
BDCのARCC、MAIN取扱


【ビットコイン業者比較】
コインチェックCoincheck (コインチェック)
取扱銘柄16種類・国内No.1
取引手数料無料、マネックス運営
国内最強。初心者はまずココ
DMM BitcoinDMMビットコイン
レバレッジ取引可能!(4倍)
スマホアプリのチャート充実
安心のDMMグループ
GMOコイン
取引手数料無料
安心の東証一部
ビットコイン購入まで最短10分
bitFlyerbitFlyer (ビットフライヤー)
国内ビットコイン取引高No1
ユーザー数が多く相場が安定
スマホアプリでFX取引もOK
暗号資産CFDマネックスビットコイン
レバレッジ最大2倍
土日も含めて24時間365日取引可能
各種手数料0円
かんたんスマホアプリ
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました