IG証券
コラム

ダウ・ジョーンズ輸送株指数とは?(先行指標として使ってみよう)

はじめに

ここのところ、米長期金利が上昇、ナスダックが弱い展開が続いていますね。
ここで、先行指数として定評がある「ダウ輸送株指数」についてまとめておきたいと思います。

目次に戻る

ダウ・ジョーンズ輸送株指数とは

ダウ・ジョーンズ輸送株平均株価指数(Dow Jones Transportation Average,:DJTA, DJT、ダウ・ジョーンズ輸送株平均株価指数、ダウ輸送株20種平均)は、ダウ平均株価指数の中の一種で、米国の輸送業(運輸業・物流業)における代表的な20銘柄で算出される株価指数です。ニューヨーク証券取引所(NYSE)とナスダックの両市場の上場企業から選ばれています。

1884年にダウ平均株価指数が始まりましたが、当時は11銘柄中9銘柄が鉄道株でした。1896年に従来のダウ平均とは別に、新たにダウ平均株価指数の算出が始まり、それまでのダウ平均はダウ鉄道株平均に改められました。その後ダウ鉄道株平均は(輸送株や空運株などが加わって)1970年から現在の名称となっています。ダウ・ジョーンズ輸送株指数は長年の伝統のある株価指数、ということですね。

現時点のダウ・ジョーンズ輸送株指数の構成銘柄は、以下の通りです。

ティッカー業種社名
ALKAirlinesAlaska Air Group, Inc. 
AALAirlinesAmerican Airlines Group Inc. 
CARRental and leasing servicesAvis Budget Group, Inc. 
CHRWTruckingC.H. Robinson Worldwide, Inc. 
CSXRailroadsCSX Corp. 
DALAirlinesDelta Air Lines 
EXPDDelivery servicesExpeditors International 
FDXDelivery servicesFedEx Corporation 
JBHTTruckingJB Hunt Transport Services, Inc. 
JBLUAirlinesJetBlue Airways Corp. 
KSURailroadsKansas City Southern 
KEXMarine transportationKirby Corp. 
LSTRTruckingLandstar System, Inc. 
MATXMarine transportationMatson, Inc. 
NSCRailroadsNorfolk Southern Corp. 
RTransportation servicesRyder System, Inc.
LUVAirlinesSouthwest Airlines, Inc. 
UNPRailroadsUnion Pacific Corporation 
UALAirlinesUnited Airlines Holdings 
UPSDelivery servicesUnited Parcel Service, Inc. 

目次に戻る

ダウ・ジョーンズ輸送株指数は、米国景気・ダウ平均の先行指標

ダウ・ジョーンズ輸送株指数は、米国景気や、ダウ平均の先行指標として知られています。

下のチャートは、ダウ平均とダウ輸送平均について、2020年年初から相対比較したものです。青がダウ輸送平均、赤がダウ平均です。
(クリックで拡大できます。)

もう少し見やすくするために、「ダウ輸送平均/ダウ平均比率」(ダウ輸送平均をダウ平均で割った値)を、上と同じ2020年年初で表示すると、以下のようになります。
(クリックで拡大できます。)

ダウ輸送平均/ダウ平均比率が2020年年初来で最高値をつけたのは2021年5月14日で、これはIT・ハイテク大手で構成されるナスダック100が直近の最安値を付けたタイミングと同じです。

ダウ輸送平均の先行性が効いていますね。
ご参考になれば幸いです。

目次に戻る

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました