IG証券
コラム

モデルナ、設立から11年でS&P500構成銘柄に組み入れ。今後の株価は?

モデルナがS&P500構成銘柄に組み入れ

バイオテクノロジー企業のモデルナが、2021年7月21日に、S&P500株価指数の構成銘柄に組み入れらました。
下の日足チャートが示す通り、同社株はここ数日、インデックスファンドが同社株をポートフォリオに組み入れることで急騰していますね。

(クリックで拡大できます。)

モデルナは、マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置くバイオテクノロジー企業で、2010年に、幹細胞生物学者のデリック・ロッシ氏の研究を商業化するために設立、フラッグシップ・ベンチャーズという投資会社が大株主で、製薬販売出身のステファン・バンセル氏がCEOです。

投資会社主導のモデルナは、秘密主義・成果主義・苛酷な職場環境で、優秀な博士号の離職が多いタフな会社で知られています。

同社は、2018年に、バイオテクノロジー企業として最大規模のIPOで上場を果たしました。2020年5月時点で、モデルナの時価総額は270億ドルで製品はゼロでしたが、 1年後の現在、同社の時価総額は1290億ドルに達し、同社のワクチンは6300万人の米国人に接種されています。また今年2021年5月、同社はワクチンの売上高17億ドルに対して、12億ドルの初の利益を発表しました。

同社がプラットフォームとするメッセンジャーRNA(mRNA)の技術は、今のところ、新型コロナウイルスに最も効果があると期待されている解決策の1つとされています。従来のワクチンは、不活化したウイルスを投与して免疫を促進するのに対して、モデルナやファイザーのmRNAワクチンの場合は、ヒトの細胞をワクチン工場のように働かせ、体内で細胞にウイルスを破壊するように教えるという違いがあります。

従来のワクチンよりも構造が単純で製造が容易であるため、早期に開発が可能で、今回のように世界全体に配布するための大量生産でも有利となります。

目次に戻る

モデルナの今後の株価は?

バロンズは、S&P500に組み入れられた後のモデルナの株価について、短期的には調整する可能性を指摘しています。たとえばテスラは、2020年12月にS&P500に組み入れられて以降7か月間で、株価は6%低下しています(同期間のS&P500指数は約18%上昇)。

ただし、mRNAワクチンは、ウイルスの遺伝情報さえ分かれば、インフルエンザ、癌、HIVなど他の病気にも対応可能で、モデルナの現在のパイプラインには、10種類のウイルスに対するmRNAワクチンが含まれています。

バンセルCEOは、モデルナは今後10年間で10倍の規模になると予想しています(データ元)。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました