IG証券
ETFの紹介 コラム

「ラッセル2000」のレンジ相場は1年間も続いている。上と下どちらに抜けるか?

昨年(2021年)の米国株は、大型株が上がったが、中小型株は上がっていない

昨年(2021年)、米国株の代表的な株価指数であるS&P500株価指数は、約27%上昇しました。「2021年の米国株は大きく上昇した」と認識している方が多いと思います。

しかし、米国株全体が2021年に上昇したわけではありません。
中小型株の代表的な株価指数である「ラッセル2000」は、2021年の1年間にわたってレンジ相場が続き、2021年の年初と年末はほぼ同じ水準でした。今年になってもまだそのレンジの中にとどまっています。

下のチャートは2020年年初からの2年間のラッセル2000のチャートです。昨年2021年の1月から現在まで約1年の間、レンジ相場がずっと続いていることがわかります。

(クリックで拡大できます。)

2021年だけを拡大して表示させると、以下のような状況です。
下限2100~上限2350あたりの範囲で、上昇・下降を繰り返しています。

結果だけ見れば、2021年の間ずっと「RSIが40以下まで低下したら買い、60以上になったら決済。そこでドテンの売り、40以下で決済。」を繰り返せば、全勝ですね。参考に、2021年5月にラッセル2000の株価指数トレードに関する記事を、書いていますのでご参考にしていただればと思います。
株価指数CFD「ラッセル2000」のススメ
株価指数CFDを取引されている方は、日経平均CFDのほかに、ダウ平均CFDやS&P500CFDなどを対象にされている方が多いと思います。 私は、毎日の相場分析の記事に貼ってありますようにS&P500のCFDが中心で、ナ...

しかし、レンジ相場はいつまでも続かないので、上記のようなレンジ向けトレードは勝ち続けることはありません。むしろ、レンジを上または下に抜けると大きなトレンドになることがあります。レンジ相場が続けば続くほど、レンジの外側に損切りと新規のオーダーがたまっていくために、レンジ相場が抜けたときのエネルギーが溜まっていくためです。

ラッセル2000は、今年(2022年)、上と下のどちらにレンジブレイクするでしょうか?

目次に戻る

ラッセル2000を、「中小型グロース」と「中小型バリュー」の動きに分解してみよう

中小型株指数であるラッセル2000の構成銘柄には、中小型のグロース株と、中小型のバリュー株の両方が含まれています。
そこで、ラッセル2000を、中小型グロースと中小型バリューに分解して、2021年のレンジ相場を分析してみましょう。

の2つを、ラッセル2000と相対比較したものが以下のチャートです。

青がラッセル2000、パープルがIWO、黒がIWNです。(参考にS&P500とダウ30とナスダック100も細い線で表示しています。)

(クリックで拡大できます。)

ラッセル2000は、2020年の後半は大型株(S&P500・ダウ平均・ナスダック100)をアウトパフォームしています。その内訳としては、中小型グロース株が中小型バリュー株を相対的にアウトパフォームしたことがわかります。
一方、昨年2021年は、ラッセル2000は、前述の通りレンジ相場が続いて大型株をアンダーパフォームしました。
注目すべきは、この2021年のレンジ相場の間、特に中小型バリュー株が中小型グロース株をアウトパフォームして、結果的にラッセル2000は1年間にわたってレンジ相場を形成している点です。

ラッセル2000の中のグロース株とバリュー株の強弱をもう少しわかりやすくするために、下のチャートでは、IWNをIWOで割った「IWN/IWO指数」の長期推移を表示しています。
(クリックで拡大できます。)

2021年年初あたりまでは長期的にIWO(中小型グロース株)が、IWN(中小型バリュー株)をアウトパフォームしてきましたが、2021年になって形成が逆転して中小型グロース株は弱くなり、今年(2022年)に入るとさらに中小型グロース株の弱さが際立っていることがわかりますね。

グロース株が今年2022年に入って売られていますが、これは大型株のグロース株だけでなく、中小型株のグロース株を含めて米国株のグロース株全体が弱いことがわかりますね。
さてラッセル2000のレンジ相場がどちらに抜けるか、注目したいと思います。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました