IG証券
コラム

株価指数CFD「ラッセル2000」のススメ

株価指数CFDを取引されている方は、日経平均CFDのほかに、ダウ平均CFDやS&P500CFDなどを対象にされている方が多いと思います。

私は、毎日の相場分析の記事に貼ってありますようにS&P500のCFDが中心で、ナスダック100のCFDラッセル2000のCFDを相場次第で加えてトレードしています。

今回は、ラッセル2000のCFDのトレードが、結構オススメであることをご紹介したいと思います。

株価指数CFD「ラッセル2000」がオススメである理由その1

まずラッセル2000CFDの1時間足チャートは、現在以下のような状況です。
2021年に入ってからずっとレンジの中ですので、トレ―ドが比較的しやすいです。

(クリックで拡大できます。)

株価指数CFD「ラッセル2000」がオススメである理由その2

加えて、ラッセル2000CFDの最大の長所は:
同じロットでも、S&P500やナスダック100と比べて取引金額が小さくなるので、無理なくトレードできる、という点です。

たとえば、IG証券を例にすると:

  • S&P500のCFDの最低ロットは0.1(約410ドル)で、取引金額は円換算で約41,000円
  • ナスダック100のCFDの最低ロットは0.1(約1,300ドル)で、取引金額は円換算で約130,000円
  • ダウ平均のCFDの最低ロットは0.1(約3,400ドル)で、取引金額は円換算で約340,000円
  • ラッセル2000のCFDの最低ロットは0.1(約220ドル)で、取引金額は円換算で約22,000円

なお最大レバレッジは10倍なので、必要最低証拠金は、上記金額の10分の1です。

FX業者のFXの最低ロットは0.01が多いですが、その場合、ドル円で取引金額は円換算で約100,000円ですので、FXと比べても、ラッセル2000の最低取引金額はとても小さいことがわかります。

ラッセル2000は、取引金額がもっとも小さく安全で、また現在はレンジ相場なので、トレード経験を積んだり、またトラリピ(複数の注文をレンジ内でループイフダンで行う取引)的な運用にも合っているのでオススメです。

株価指数CFDをはじめる場合は、(ラッセル2000CFDを含む)IG証券をオススメします↓

 

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました