S&P500は、なぜ500銘柄ではなく、それより多いのか?(種類株式とは)

S&P500は、なぜ500銘柄ではない?

米国の代表的な株価指数の一つである「S&P500株価指数」の構成銘柄は、(2021年4月19日時点)全部で505銘柄あります。なぜ500銘柄ではなく、505銘柄あるのでしょうか?

(なお2021年4月15日、Siemens Healthineersが、Varian Medical Systems (NYSE:VAR)の買収を完了、実質的には、504銘柄となっています。)

理由は、500社のうちの5社が、2種類の種類株式(Class stock:会社が議決権などの権利が異なる株式を発行した場合の各株式のことをいいます)を上場させているためです。該当する企業とティッカー、および種類株式の名称は、以下の通りです。

  • GOOGL:Alphabet Inc. Class A
  • GOOG:Alphabet Inc. Class C
  • FOXA:Fox Corporation Class A
  • FOX:Fox Corporation Class B
  • NWSA:News Corporation Class A
  • NWS:News Corporation Class B
  • UAA:Under Armour Inc. Class A
  • UA:Under Armour Inc. Class C
  • DISCA:Discovery Inc. Class A
  • DISCK:Discovery Inc. Class C

目次に戻る

アルファベット(グーグル)の種類株式

グーグルは、創設者のラリーペイジ氏とセルゲイブリン氏の支配を維持するために、2014年に株式を分割して種類株式を発行しました。ティッカー「GOOGL」は、クラスA株式と呼ばれ、一般的な普通株式と同様に1株1議決権を持っています。一方ティッカー「GOOG」は、クラスC株式と呼ばれ、株主には議決権がありません。
なお3番目のタイプとしてクラスB株式があります。これは、1株ごとに10株を付与するもので、創設者とインサイダーによって保持されています。クラスB株式は非上場です。

なお2015年にグループ企業の再編が実施され、グーグルおよびグループ企業の持株会社として、アルファベット社が設立されました。グーグルの株式はアルファベットの株式に変換され、以前のグーグルの株式のティッカーシンボルである、「GOOG」および「GOOGL」がそのまま使用されています。

目次に戻る

フォックス・コーポレーションとニューズ・コーポレーションの種類株式

2013年、(旧)ニューズ・コーポレーションは、出版部門のニューズ・コーポレーション社と、映画・テレビ部門の21世紀フォックス社に分割されました。この際に、新しいニューズ・コーポレーションの株式は、議決権のないティッカー「NWSA」のクラスA株式と、議決権のあるティッカー「NWS」のクラスB株式に分割され、また21世紀フォックスの株式は、議決権のないティッカー「FOXA」のクラスA株式と、議決権のあるティッカー「FOX」のクラスB株式に分割されました。この際、両社の会長兼21世紀フォックスのCEOとなるルパート・マードック氏は、それぞれの議決権株式の40%近くを保有することにより、両社の支配を維持することになりました。

その後、2017年、ウォルト・ディズニーが21世紀フォックスの映像製作事業、ケーブル放送事業、映像配信サービス事業の買収を発表、そして残った事業に関しては新会社が立ち上げられ、事業を継続することとなりました。ディズニーは2019年3月に買収を完了、この2019年3月に、FOXコーポレーション社がS&P500構成銘柄(FOXAとFOX)として、21世紀フォックス社と入れ替わる形で取引を開始しました。

目次に戻る

アンダーアーマーの種類株式

スポーツ用品メーカーのアンダーアーマーは、2016年に株式分割によって、1株あたり1議決権を持つティッカー「UA」のクラスA株式と、議決権を持たないティッカー「UA.C.」のクラスC株式を発行しました。

その後ティッカーの変更により「UA.C.」は「UAA」となり、現在、アンダーアーマー株のティッカーシンボルは「UA」と「UAA」で取引されています。

目次に戻る

ディスカバリーの種類株式

ディスカバリーチャンネルをはじめとする専門チャンネル運営のディスカバリーは、議決権の付与が異なる以下の3つの種類株式がナスダックに上場しており、そのうちティッカー「DISCA」のクラスA株式と、ティッカー「DISCK」のクラスC株式がS&P500の構成銘柄となっています。

DISCA:Discovery Inc. Class A(1株につき1議決権)
DISCB:Discovery Inc. Class B(1株につき10議決権)
DISCK:Discovery Inc. Class C(議決権無し)

目次に戻る

議決権の種類株式については賛否両論あって、株主総会で否決されることもあります。

しかし、迅速・大胆な経営戦略の遂行によって会社が長期的に成長しやすくなるので、特にIT・ハイテクのような成長セクターでは会社と株主の両方にメリットがあり、市場ではおおむね好感されているようです。

ご参考になれば幸いです。

コラム
スポンサーリンク

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】
IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)、UK100(英FT100)、GER30(独DAX30)、EU50(ユーロ50)
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
マネックス証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国株専用スマホアプリTradeStation
為替手数料ゼロ(円貨決済での買付も適用)
銘柄スカウター米国株
NISA対応
楽天証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
スマホiSPEED、マーケットスピード
特定ETF買付Feeゼロ
広瀬隆雄氏レポート・バロンズ要約
ドル・円決済選択可
NISA対応
SBI証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国立会時間に注文可
逆指値注文可
定期的買付可
住信SBIネット銀行で入出金手数料無料
IPOスピードキャッチ
NISA対応
PayPay証券(旧OneTapBuy)
銘柄数:100超
手数料:基準価格x0.5%
2021年2月1日、One Tap BUYは「PayPay証券」へ
1,000円から米国の優良銘柄の株主に
操作はスマホ3タップだけ
誕生記念キャンペーン・キャッシュバック
BDCのARCC、MAIN取扱


【ビットコイン業者比較】
コインチェックCoincheck (コインチェック)
取扱銘柄16種類・国内No.1
取引手数料無料、マネックス運営
国内最強。初心者はまずココ
DMM BitcoinDMMビットコイン
レバレッジ取引可能!(4倍)
スマホアプリのチャート充実
安心のDMMグループ
GMOコイン
取引手数料無料
安心の東証一部
ビットコイン購入まで最短10分
bitFlyerbitFlyer (ビットフライヤー)
国内ビットコイン取引高No1
ユーザー数が多く相場が安定
スマホアプリでFX取引もOK
暗号資産CFDマネックスビットコイン
レバレッジ最大2倍
土日も含めて24時間365日取引可能
各種手数料0円
かんたんスマホアプリ

モトリーフール
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました