IG証券
コラム

超有望銘柄のスノーフレーク、2Q決算は堅調

スノーフレークの2021年2Q決算は堅調

クラウド・データウェアハウスを手掛けるスノーフレークは、当サイトが最も注目する銘柄の一つです。

同社は、2020年の最大のIPOとして上場したばかりです。クラウドデータウェアハウスの特性上、競合はアマゾン、マイクロソフト、グーグルに絞られ、今後の高成長がほぼ確実視される分野で、中でも同社製品の品質は高く評価されています。きわめて過熱した昨年のIPO後の株価は、2021年に入って以下のように推移しています。

(クリックで拡大できます。)

スノーフレークは、2021年8月25日に、2021年5~7月期の2Q四半期決算を発表しています。

Q2 FY22 Snowflake Earnings Presentation

  • 2Q収益:2.722億ドル(対前年同期比104%増、事前予想2.565億ドル)
  • 2Q製品収益:2.546億ドル(対前年同期比103%増、ガイダンスは2.35~2.4億ドル)
  • 2Q営業損失(Non GAAPベース):2,190万ドル
  • 2Q営業利益率(Non GAAPベース):-8%(ガイダンスは-19%)
  • 2Qフリーキャッシュフロー(調整後):280万ドル(第3四半期連続で黒字)
  • 2QEPS(GAAPベース):マイナス64セント
  • 残存履行義務:15億ドル
  • 顧客数:4,990(うち製品収益100万ドル以上の顧客:116)
  • 売上継続率(Net Revenue Retention:NRR):169%(前四半期は168%、1年前は158%)

NRRは、既存顧客の経常収益(Recurring Revenue)が前年度からどの程度増減しているかを表す指標で、翌年度の売上を推測するものです。NRRの数値が100%を上回っていれば、契約更新やアップグレードが良好で経営が安定していることを意味します。一般的な水準は110%台と見られており、同社のNRRはきわめて良好な数値です。

また同社は、ガイダンスを以下の様に上方修正しています。

  • 3Q製品収益:2.8~2.85億ドル(対前年同期比89%~92%増)
  • 3Q営業利益率(Non GAAPベース):-7%
  • 通年製品収益:10.6~10.7億ドル(以前のガイダンスは10.2~10.35億ドル)
  • 通年営業利益率(Non GAAPベース):-9%(以前のガイダンスは-17%)
  • 通年フリーキャッシュフローマージン(調整後):7%
  • 製品粗利益率(Non GAAPベース):72%(2021年度の69%、2020年度の63%)

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました