IG証券
ETFの紹介 コラム

クラウド・コンピューティング市場は今後も「果てしなく」成長する

この記事は「クラウド・コンピューティング関連銘柄特集」の一環で書いています。

クラウド・コンピューティング市場の年平均成長率は、「17%」

今週は、クラウド・ストライクのナスダック100組み入れ、スノーフレークやセールスフォースの好決算など、クラウド関連銘柄の好材料が続いていますね。

本日は、クラウド・コンピューティング市場に関する以下の興味深い記事をご紹介します。

クラウド需要は「今後も長期間、果てしなく成長」
引用元:EE Times, 2021年8月20日

Quarterly Cloud Market Leaps to $42B – Amazon, Microsoft & Google Pocket 63% of Dollars Spent
引用元:Synergy Research Group, 2021年7月29日

  • 世界クラウド市場は2021年第2四半期に、前四半期から27億米ドル増となる420億米ドル規模にまで拡大する見込みで、前年同期比では39%増という目覚ましい成長である
  • クラウド市場は引き続き、AmazonやMicrosoft、Googleの他、一部のクラウドプロバイダーにとって、拡大し続けるサクセスストーリーとなっていくだろう
  • 通常であれば、このように急激な成長を遂げる大規模市場において、成長率が実際に伸び続けるとは予測できない。しかし当社の調査結果からそれが証明されている
  • このような成功は、苦労してやっと得られた成果だといえる。AmazonとMicrosoft、Googleの設備投資費は、3社合計で1四半期当たり250億米ドルを上回る。その資金の大半が、340超に及ぶハイパースケールデータセンターの建設/設備に投じられている。また、クラウド市場が継続的に拡大することにより、既存メーカーや新規プロバイダーには、オンラインショッピングの増加やホームオフィスの一般化のように、さまざまなチャンスがもたらされるだろう

    (クリックで拡大できます。データ元

この他にも複数の市場調査会社が、「クラウド需要は今後も長期間にわたり、果てしなく成長し続けていくだろう」と予測しています。例えば、テクノロジーコンサルタントのTechnavioは、2025年には世界のクラウドコンピューティング市場が2870億米ドルを超えると予測しており、これは年平均成長率17%に相当します。

「果てしなく」という言葉は適切でないかもしれませんが、とにかく異例の高成長な市場であることがわかります。

目次に戻る

キーワードは「マルチクラウド手法」

上の記事では、クラウド・コンピューティング市場の持続的成長を支えるキーワードとして、多くのユーザー企業が採用している「マルチクラウド手法」を挙げています。

マルチクラウドとは、一時点で複数のクラウド環境を利用するクラウド活用法です。IBMが世界113社の企業に対して行ったアンケートでは、既に3分の2以上の企業が複数のパブリック・クラウド環境を使っていると回答しています(出所)。クラウド・ベンダー各社が提供するパブリック・クラウドは、それぞれ力を入れている分野や、得意とする分野が異なるので、ユーザー企業は、構築するシステムの特性や予算にあわせて賢くクラウドを使い分けています。

クラウド・コンピューティング関連ETF

クラウド・コンピューティングに関連するETFとして、グローバルXの「CLOU」があげられます。
下のチャートは、2020年年初からのCLOU(青)、S&P500(オレンジ)、ナスダック100(緑)を相対比較したものです。2021年8月20日時点

(クリックで拡大できます)

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました