IG証券
コラム

クラウドストライク、ナスダック100指数組入れで△8%急騰

クラウドストライクがナスダック100に組み入れ

2021年8月23日、クラウドストライク・ホールディングス(ティッカー:CRWD)がナスダック100株価指数の新規構成銘柄になることを、ナスダックが発表しました。 

CrowdStrike Holdings, Inc. to Join the NASDAQ-100 Index Beginning August 26, 2021
August 23, 2021

クラウドストライクは、2019年6月にナスダックに上場したばかりの、サイバーセキュリティテクノロジーの会社です。連邦政府や大企業を中心に受注を伸ばしており、またリモートワークの拡大も追い風になっています。

ナスダック100は、ナスダック上場企業のうち代表的な100社で構成される株価指数で、世界的なIT・ハイテク企業、バイオテク企業などで構成されています。ナスダック100をなぞる代表的なETFは、「QQQ」ですね。

この組み入れは、アナログ・デバイセズ(ADI)によるマキシム・インテグレーテッド(MXIM)の買収完了によるもので、クラウドストライクのナスダック100への追加は、木曜日の取引開始時から開始されます。

これを受けて、昨日火曜日のクラウドストライクは、△8.07%上昇で引けています。
(クリックで拡大できます。)

目次に戻る

クラウドストライクは業績も好調

同社は足元の業績も好調です。

元データ:CrowdStrike Reports First Quarter Fiscal Year 2022 Financial Results
June 3, 2021

2021年2月~4月の1Q四半期の売上高は、前年同期比+70%増の3億280万ドルでした。Annual Recurring Revenue※ (ARR:年間経常収益)は74%増の11.9億ドルでした。EPS(非GAAPベース)は10セントで、前年の2セントから増加しました。

同社は8月31日に2Q四半期の決算を発表する予定です。四半期の収益は3億1830万ドル~3億2440万ドルと予測、EPS(非GAAPベース)は7セント~9セント、2022年1月の会計年度については’、収益が13億4700万ドル~13.6億ドル、EPSを35~41セントと予測しています。

以上、参考になれば幸いです。

目次に戻る

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました