IG証券
市況・相場分析

12月3日の米国株市場(クラウドストライク大幅高)

おはようございます。

本日は今年最後の雇用統計ですね。ジブリ映画はありません。

昨日の米国株はまちまちの展開でした。ダウ平均は一時200ドル超の上げ幅となっていましたが、ファイザーが年内のワクチンの配布目標を(サプライチェーン上の理由で)従来の半分にしたと伝わったことが嫌気され、終盤になって急速に上げ幅を縮小しました。

クラウドストライクが好調な決算を好感して大幅高でした。テスラについて、アナリストの目標株価引き上げが報道されています。

為替市場は、引き続きリスクオンのドル売り優勢で、ユーロドルは一時1.217まで上昇、1.214近辺で終えています。

S&P500 CFD 1時間足(クリックで拡大できます。)
1時間足チャートに、日足のローソク足と日足のボリンジャーバンドを同時に表示しています。
青い水平線はウイークリーピボットです。
S&P500は、テクニカル分析が最もよく効きます。ウイークリーピボットがよく効いているのをご確認ください。

ナスダック100 CFD 1時間足(クリックで拡大できます。)

DJIA: 29,969.52 (+85.73, +0.29%)
S&P 500: 3,666.72 (-2.29, -0.06%)
NASDAQ composite: 12,377.18 (+27.82, +0.23%)
NASDAQ 100: 12,467.13 (+10.72, +0.09%)
GOLD: 1,844.8 (+3.7)
OIL: 45.68 (+0.04)
US 10-YR: 0.911 (UNCH)
VIX: 21.28 (+0.11)

22: 30 (米) 雇用統計


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました