IG証券
コラム

マイクロソフトの2Q決算(2021年12月)は堅調、しかしクラウド(Azure)の成長鈍化で売られる

マイクロソフトの2Q決算(2021年12月)、売上高・EPSは市場予想を上回る

マイクロソフトが2Q決算(2021年12月期)を発表しましたね。
(データ元:マイクロソフトIRサイト

  • 収益(売上高):517億ドル、前年比+20%(市場予想:509億ドル)
  • EPS:2.48ドル、前年比+22%(市場予想:2.31ドル)

決算内容は総じて堅調で、3つの事業セグメントがバランス良く成長していますが、最も注目を集めるクラウド(Azure)の成長率が+46%で、前四半期の+50%から減速したことが嫌気されています。

市場全体が暴落の真っ最中で、地合いの悪さもあるでしょうね。


(データ元:マイクロソフトIRサイト

  • Productivity and Business Processセグメント(Officeおよびその他のアプリケーション)
    • 収益:159億ドル(+19%)、市場予想:159億ドル、ガイダンス:157億ドル~159.5億ドル
    • オフィスコマーシャル製品の収益は+14%、オフィスコンシューマーの収益は+15%
    • LinkedInの収益は+37%
  • Intelligent Cloudセグメント(Azureなど)
    • 収益:183億ドル(+26%)、市場予想:183億ドル、ガイダンス:181億ドル~183億5000万ドル
    • Azureの収益は46%増加し、前四半期の50%の成長から減速しました。
    • Office365とDynamics365も含むMicrosoftCloudの収益は+32%
  • More Personal Computingセグメント(Windows、Surface、Xboxなど)
    • 収益は:175億ドル(+15%)、市場予想:166億ドル、ガイダンス:163.5億ドル~167億5000万ドル
    • 検索およびニュース広告の収益は+32%
    • PCメーカーからのWindowsOEMの収益は+25%
    • Xboxのコンテンツとサービスは+10%、Xboxハードウェアは+4%

次の第3四半期(2022年3月期)の市場予想は、収益:482億ドル、EPS:2.17ドルです。

マイクロソフトのガイダンスは、決算発表後のカンファレンスコールでセグメントごとに発表されるのが通例です。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました