IG証券
コラム

コーン先物がストップ高。米農務省の「作付意向面積」とは?(USDA Prospective Plantings Report)

コーン先物がストップ高

昨日は3月期末のポジション調整やリバランスで、株式も為替も特殊な動きでしたね。

そのなかで目を引いたのが、コーン(トウモロコシ)の先物(CBOT:シカゴ商品取引所)の急騰です。
昨日はストップ高で、本日は窓を開けたままの動きです。

日足ではこんな感じです↓(クリックで拡大できます。)

急騰の理由は、米農務省が発表したコーンの「作付意向面積」の結果がサプライズ的に少なかったため、とされています。この「作付意向面積」とは何でしょう?

米農務省の「作付意向面積」とは?(USDA Prospective Plantings Report)

作付意向面積(Prospective Plantings Report)とは、米農務省(USDA)の農業統計局(NASS)が、毎年3月31日に公表する作付意向面積の調査結果のことを言います。3月の最初の2週間に、全国の80,000近くの農場経営者に対して実施された調査に基づいており、とうもろこし、大豆、小麦、コメ、綿花等について、3月1日時点の生産者の作付意向を集計したものです。

作付意向面積の公表サイト(米農務省)


米農務省農業統計局のサイト

「作付意向面積」はその年の生産高を予測する上で重要な指標で、需給予測は「最終確定作付面積」が公表される6月までは「作付意向面積」に基づいて計算されます。この作付意向面積の結果をうけて、穀物相場は4月から天候相場に移行します。

穀物の場合、需要は(短いスパンでは)安定しているのに対し、生産量の方は天候や作付面積で増減します。したがって、穀物系の商品市場では、需要サイドよりも供給サイドがより重視される傾向があります。

今回ストップ高まで急騰したのは、コーンと大豆を合わせた作付面積が、作付対象の変更で説明が少ないほど異常に少なかったためで、統計結果の信頼性について懐疑的な記事もあります↓

参考記事
Where Did the Acres Go? A State-by-State Breakdown of USDA’s Prospective Planting Results

統計の信頼性はともかく、コモディティのトレードとしては3月末は気を付けたほうがよいですね。

コモディティを含めたグローバル投資には、IG証券をオススメします↓

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました