IG証券
コラム

ARKの基幹ETF「ARKK」が、異様な出来高急増でコロナ安値に到達。(このローソク足の形状は・・)

ARKK、出来高急増でコロナ安値まで下落

先週は、(「破壊的イノベーション」で有名なキャシー・ウッド氏率いる)ARKインベストの代表的なETF「ARKK」が出来高を伴って下落、2020年のコロナショックの最安値付近まで下落しました。

下はARKKの週足の長期チャートです。
(クリックで拡大してご覧ください。)

先週1週間は、週前半はコロナ最安値付近まで下落したあと、木曜・金曜と反発しています。

出来高が異様に増加したことに注目してください。

目次に戻る

このローソク足の形状は?

さて、先週のARKK週足のローソク足の形状を何というかご存じでしょうか?

初値・終値がほぼ同じで、下ヒゲが長く、上ヒゲがほとんどないかたちですね。
日本では上ヒゲがないと「トンカチ」、少し上ヒゲがある十字線を「トンボ」と言いますね。
英語では、トンカチは「Hammer」、トンボは「Dragonfly Doji」と呼ばれます。

トンカチやトンボは、下落から上昇へのトレンド転換を暗示する形状として有名です。

長期金利がピークアウトしたかも?という別記事もご覧いただければと思います。
さて、このARKKをはじめ、グロース株は底打ちするでしょうか?

以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました