IG証券
コラム

ビットコイン上昇中。しかし「制裁回避や違法行為の裏口」としての使用は、使用禁止や制限につながる

ビットコインがじわり上昇中

ウクライナ危機で石油などのコモディティ価格が急騰していますが、もう一つ、気になる上昇を見せているのがビットコインですね。

上の日足チャートでは現在、直近高値のF(約46,000)を上抜けるかの攻防ですね。ただし、直近最安値Eの基点のDが戻り高値(約52,000)なので、ここを超えるまでは日足ではまだ下落トレンドです。トレンドの見方は、下の関連記事をご覧いただければと思います。
米国株でも「トレンド」の定義や「トレンドの開始・終了をどう判断するか」(ダウ理論)はとても重要
はじめに 昨日(26日の土曜日)、「米欧はロシアの大手銀行をSWIFTから排除で合意、必要に応じてほかのロシアの銀行も追加」と報道されていますね。先日書いた関連記事はこちらです↓ 部分的なSWIFT排除となりましたね...

ビットコイン相場の今後はどうなる?

価値の貯蔵庫、寄付の手段

足元でビットコインが上昇している要因としてまず挙げられているのが、ウクライナへの軍事侵攻とその制裁によって急落しているロシアルーブルやウクライナフリヴニャの代わりに、ロシア市民やウクライナ市民がビットコインを購入している、という点ですね。

ビットコインは、戦争や急激な金融統制によって揺らいでいる国の通貨の「貯蔵庫」としての需要があることを示しています

また、今回の軍事侵攻では、ウクライナの防衛と人道援助への寄付のためにも利用されているようです。ブロックチェーンデータ分析会社Ellipticによると、ウクライナ政府とウクライナ軍を支援する非営利団体は、26,000を超える暗号資産の寄付を通じて3,080万ドルを調達した、と分析しています。

目次に戻る

経済制裁の回避や違法行為の裏口

しかし一方で、ビットコインやその他の仮想通貨は、「経済制裁の回避」や「違法行為の裏口」のために使用される可能性があるという負の側面を有しています。

ビットコイン政策研究所フェローのウィリアムルーサー氏は、今回のロシアに対する世界的な制裁について、これまで主要国にこれほど大きな制裁を課したことはなく、巨額の制裁が課せられる場合、制裁対象国は仮想通貨を含むテクノロジーを使用してそれらを回避する可能性がある、と分析しています。(引用元:バロンズ、Bitcoin Is Flying in the Face of War. Here’s What May Come Next.

制裁を回避するために仮想通貨が使用されれば使用されるほど、仮想通貨は各国政府による厳しい使用制限の対象になりえます。暗号取引を完全に禁止しない場合であっても、取引をより厳密に監視する可能性があります。

たとえば、中国はすでに暗号通貨での商取引を禁止しており、ビットコインやその他のトークンを従来の金融システムから切り離しています。また、米国政府当局者は、仮想通貨が違法行為の裏口チャネルになる可能性があることへの懸念を表明しています。

ということで、ビットコインの目先の上昇要因は、長期的には下落要因につながる可能性がある、と考えます。冒頭に紹介しましたように、まずは目先のレジスタンスラインである46,000ドルや52,000ドルを上抜けるかに注目してみたいと思います。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました