IG証券
コラム

Etsy(エッツィ)の「コミュニティ主導型差別化戦略」:英国発ファッション系フリマアプリ「Depop」を買収


(DepopのWebサイト:https://www.depop.com/

2021年6月2日、世界最大のハンドメイド商品マーケットプレイスのEtsy(エッツィ)が、若者に人気のある英国発のファッション系フリマアプリ「Depop」を16億ドルで買収、と発表しました。当ディールの完了は2021年第3四半期を目指す、とされています。

Etsy to acquire global fashion resale marketplace Depop
(データ元:エッツィWebサイトのIRページ)

エッツィの今回のM&Aは、2019年の中古楽器専門のマーケットプレイス「Reverb」の買収に続くものです。

ReverbのWebサイト

エッツィはとても興味深い事業展開をしています。
今回のM&Aの内容を、同社のIRサイトで調べてみたいと思います。

Depopは、2011年に設立、世界で最も多様で進歩的な中古ファッションの拠点をつくることを使命とする、コミュニティ主導型のマーケットプレイスで、ヴィンテージ、ストリートウェア、一点物、Y2K(2000年代)ファッションで知られています。
Depopの2020年の販売総額(Gross Merchandise Sales:GMS、流通総額)と収益は、それぞれ約6億5,000万ドルと7,000万ドルで、それぞれ前年比100%以上増加しており、GMSは2017年から2020年にかけて年平均成長率約80%で成長しています。Depopのアクティブユーザーの約90%は26歳未満で、若い世代の消費者は最も中古ファッションを採用しており、Depopは、米国のZ世代の消費者の間で10番目に訪問されたショッピングサイトです。
中古ファッション市場は、米国では2019年から2024年にかけて39%のCAGR(年平均成長率)で成長し、市場規模は640億ドルに達し、世界ベースでファストファッションの2倍の規模に成長すると予測されています。

Z世代とは、1990年代中盤以降に生まれた世代で、デジタルネイティブ、SNSネイティブ、スマホネイティブといった特徴を持っています。

エッツィの事業戦略は、「情熱的なコミュニティ」「ユニークなアイテム」「高度な差別化」「非コモディティ化」「愛されるブランド」「検索と発見を高度化して買い手と売り手を結びつける」「唯一無二の商品やヴィンテージ商品などを対象とする」といったポイントが挙げられそうです。

(オススメ)江守哲のリアルトレーディング・ストラテジー独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。 | GogoJungle
独自の「グローバルマクロ戦略」に基づいた運用の過程、分析を日本の投資家にお届けいたします。

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました