IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングと個別銘柄チャートの最終更新日は、2022年12月04日です。
コラム

ポルシェAGが上限価格で上場、ティッカーは「P911」(親のVWとさらにその親のポルシェSEは株価下落)

はじめに

2022年9月29日、ポルシェがフランクフルト証券取引所に上場しましたね。
IPO価格は82.5ユーロで、投資家に提示したレンジ(76.50-82.50ユーロ)の上限でスタートしました。

ティッカーは何と「P911」!

独VW傘下のポルシェ、フランクフルトに上場-株価上昇(Bloomberg)

低迷が続く株式市場に明るいニュースですね。

ポルシェの親会社のフォルクスワーゲン(VW)は、ポルシェの株式資本を議決権株と無議決権株に均等に分けて、VWが出資比率を75%に維持する一方で、無議決権株の約12.5%が今回のIPO対象としています。
そのかなりの部分は、コーナーストーン投資家(戦略的大口の投資家)4者、カタール投資庁(QIA)、ノルウェーの政府系ファンド、米資産運用会社ティー・ロウ・プライス、アブダビ首長国政府系ファンド(ADQ)が確保します。

コロナ禍でも高級車の売れ行きは好調ということで、ポルシェの2022年の営業利益率は17~18%に達する見通し、と報道されています。

ポルシェのEV「Taycan」

IPO当日のP911の株価は、以下のように推移しました。(5分足です。)

上場初日によくある「往って来い」ですね。しかしIPO価格の82.5ユーロは維持したかたちで引けています。市場が低迷している中、順調にスタートしたといえそうです。

目次に戻る

親会社のVWとさらにその親会社のポルシェSEは株価下落

実は、「ポルシェ」と名前が付く会社で、すでに上場している銘柄があります。それは「ポルシェSE(Porsche Automobil Holding SE、ティッカー:PAH3)」という持株会社で、フォルクスワーゲン(ティッカー:VOW3)の53.1%を保有しています。

今回は、ポルシェSEの子会社のフォルクスワーゲンの、さらに子会社のポルシェAGが上場したことになります。

ポルシェAGが上場した昨日、フォルクスワーゲンは▼6.85%の下落、ポルシェSEは▼10.93%の下落で引けています。「Sell the Fact」といったところでしょうか。

以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました