IG証券
コラム

米国株の調整は今後もだらだらと続く?(VIX指数とプット・コール・レシオをウォッチしてみよう)

「他の投資家がどのような相場観を持っているのか」をウォッチすることが重要

米国株は先月の大幅下落から戻り基調でしたが、先週金曜日は終盤に大きく崩れましたね。
CPIの強い数字と、タカ派の急先鋒ブラード・セントルイス連銀総裁が0.5%利上げを示唆、そしてウクライナ情勢緊迫、と材料がそろいました。

最近、雇用統計ではあまり動きませんが、CPIではとにかく動きますね。
足元の最大の懸念はインフレ長期化とFRBの金融政策引き締めペースなので、CPIが注目されるのは当然ですが、そもそも、大口投機ポジションの変動にCPIのタイミングが使われているとみるべきでしょうか。

このような状況のもと、機関投資家をはじめとする市場参加者が、市場の先行きをどのように考えているのか(相場感)を分析することはとても重要ですね。
他の投資家の相場観を見る上で使われる2大基本指標は、「VIX指数」と「プット・コール・レシオ」です。

以下のチャートは、S&P500先物の日足チャートに、VIX指数(赤いライン)と、下側にプット・コール・レシオをならべています。2本の赤い垂直線は、2018年終盤の急落と、2020年序盤のコロナ急落を示しています。
(クリックで拡大できます。)

VIX指数はおなじみの指標ですね。
プット・コール・レシオ(PCR)については、以下の別記事をご参照頂ければと思います。CBOEの公表する複数のプット・コール・レシオのうち、投機目的のオプション利用をみるために「EQUITY」のPCRを使うのが一般的です。
プット・コール・レシオ(PCR)を米国株投資に活用しよう
プット・コール・レシオ(PCR)とは プット・コール・レシオ(Put/Call Ratio:PCR)とは、オプション市場で取引されるプットオプションの建玉残高(未決済残高)をコールオプションの建玉残高で割って求められる指標です。 強...

プット・コール・レシオは、逆張り的に使われることが一般的な指標ですが;
上の2本の垂直線で示した2018年終盤と2020年序盤は共に、「株価が大底をつける前にプット・コール・レシオは上昇から下落に転換しやすい」性質を示しています。

目次に戻る

足元のVIX指数とプット・コール・レシオの状況

先週金曜のVIX指数は、27.36まで再上昇しました。VIX指数の2020年代のコアレンジは、15ポイントから20ポイントとされています。一方PCRは、約1.16で推移しています。

上のチャートの通り、足元のVIX指数とプット・コール・レシオは、2018年終盤や2020年序盤と比較すると、水準自体はそれほど高いわけではなく、急上昇して急降下するような感じではないことがわかります。むしろ「じわじわ上がって、ある程度高い水準で高止まり」しそうな感じがします。

これが米国株の相場観を示唆しているとすると、足元の米国株相場は、急降下して急反発するような感じではなく、だらだらと調整が続く可能性がある、といえそうです。

愛読している江守哲氏のメルマガでは、「3月には利上げが実施され、7月には追加利上げや量的引き締めの可能性が示されるだろう。9月から10月にかけてこの動きを織り込むような調整があるだろう。今年はあまり上がらずに、上下に振れやすいと考えておく。」と分析されています。

江守さんの分析は、その通りになることが多いです。機関投資家の相場観など大変勉強になるので、おすすめです。

以上、ご参考になれば幸いです。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました