IG証券
コラム

ビットコインが正念場か

下のチャートは、ビットコイン(ドル建て)の4時間足チャートです。
コインベースの上場(14日:赤い垂直線)で明らかに潮目が変わっていますね。

先週末の急落は、コインベース上場の達成感、トルコが暗号資産の決済利用を禁止、米財務省がデジタル資産を経由したマネーロンダリングに断固とした措置を取る可能性、などの材料が重なっています。
(クリックで拡大できます。)
サポートラインは、まず50,000ドル。ここを明確に割ってくると下落トレンドですね。その下の目途は43,000ドル。

しかし以前とくらべて機関投資家も参画しているので、流動性が大きくなっています。さてどうなるでしょう。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました