IG証券
コラム

銘柄コード

日本株の銘柄コードは数字4桁(たとえばソフトバンク「9984」)です。

一方、米国株では、「ティッカー(ティッカーシンボル)」といって、アマゾン(AMZN)、アップル(AAPL)、グーグル(GOOG)、コカコーラ(KO)、ナイキ(NKE)、AT&T(T)などのように、各企業の社名、ブランド、商品名等を基にしたアルファベットを使用します。米国株のティッカーは最小1文字、最大5文字です。ティッカーが3文字以下であればNYSE銘柄4文字以上であればNASDAQの銘柄です。

ティッカーは、米国市場だけでなく欧米やアジア等の市場で広く使用されています。

 


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
・米国株の取扱銘柄数:約4,000銘柄(ほぼ全銘柄)
・米国株のレバレッジ5倍、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等のCFD:約12,000銘柄
・世界の主要株価指数CFD(ラッセル2000、GAFAM+指数、VIX指数を含む):約40銘柄
・金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄、通貨(FX):約100通貨ペア
・ARKK・ARKQなどのARKのETF(CFD)を取り扱う国内証券はここだけ
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました