IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データの最終更新日は、2022年8月07日です。
個別銘柄の業績・株価比較チャート(米国株.com式)の最終更新日は、2022年8月06日です。
コラム

地図で見る米国経済①

【著名企業の本社所在地マップ】
USmap_主要企業


【一人当たり所得マップ:2012年】(出所:US Bureau of Economics)
★最も低いグループと最も高いグループでは、約2倍の差があります。

豊かな州の一例

  • ノースダコタ州(ND):バッケン・オイルシェール田の開発が州経済に大きく貢献。直近の10年以上、全国平均よりも低い失業率、雇用数と人口増大を持続。2000年からの10年間で一人当たり所得が最も上昇した州。
  • アラスカ州(AK):国内で最も天然資源の埋蔵量が豊富(特に原油)。米国最大規模の油田の産出事業により州民に対する補助金が潤沢、平均所得も国内トップクラス。
  • ワイオミング州(WY):地下資源(石炭、天然ガス、原油等)及び観光業が主力。個人や企業に対する所得税の課税無し。

USmap_percapitapersonaloncome



【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました