IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

米国は2100年でも人口が増加中。(米国の衰退に賭けない方が良い)

グローバル分散投資を行う上で、人口動態の把握は重要

グローバル分散投資を行う上で、主要国の人口動態をおさえておくことは大切ですね。

下のグラフは、人口が多い世界の国々について、2020年から2100年までの、総人口と生産年齢人口(15歳~64歳)の予測を示しています。(参考に日本も表示しています。)

元データは、国連の人口予測データ「World Population Prospects:WPP」です。WPPのデータのうち、「Medium Variant(中位推計)」を利用しています。
(クリックで拡大できます。)

上のグラフで分かる通り、インドの人口増加は2060年頃まで続きます(インドへの長期投資がおすすめである主たる根拠はこれですね)。またアフリカは、今世紀後半に人口爆発が起こると予測されています。

そうした中、米国は、2050年どころか2100年でも安定して人口が増加していると予測されています。

多くの先進国は人口が減少していきますが、その中で今後も人口が安定的に増加すると予測されているのは、米国、カナダ、オーストラリア、および北欧諸国くらいです。ただしこの中で米国以外は人口が少ないです。

以下は、総人口の2020年・2050年・2100年のランキングです。(単位は百万人、データ元は上と同じWPPです。)

順位2020年 2050年 2100年 
1China1,439India1,639India1,447
2India1,380China1,402China1,065
3USA331Nigeria401Nigeria733
4Indonesia274USA379USA434
5Pakistan221Pakistan338Pakistan403
6Brazil213Indonesia331Congo362
7Nigeria206Brazil229Indonesia321
8Bangladesh165Ethiopia205Ethiopia294
9Russia146Congo194Tanzania286
10Mexico129Bangladesh193Egypt225
11Japan126Egypt160Angola188
12Ethiopia115Mexico155Brazil181
13Philippines110Philippines144Niger165
14Egypt102Russia136Bangladesh151
15Viet Nam97Tanzania129Philippines146
16Congo90Viet Nam110Sudan142
17Turkey84Japan106Mexico142
18Iran84Iran103Uganda137
19Germany84Turkey97Russia126
20Thailand70Kenya92Kenya125
21U.K.68Uganda89Mozambique124
22France65Sudan81Iraq108
23Italy60Germany80Madagascar100
24Tanzania60Angola77Iran99
25South Africa59South Africa76Viet Nam97
26Myanmar54U.K.74Côte d'Ivoire97
27Kenya54Iraq71Cameroon90
28Republic of Korea51France68Turkey86
29Colombia51Thailand66Burkina Faso83
30Spain47Niger66Zambia82
31Uganda46Mozambique65Mali80
32Argentina45Afghanistan65South Africa79
33Algeria44Myanmar62Ghana79
34Sudan44Algeria61U.K.78
35Ukraine44Colombia56Somalia76
36Iraq40Argentina55Japan75
37Afghanistan39Italy54Afghanistan75
38Poland38Madagascar54Germany75
39Canada38Ghana52Algeria71
40Morocco37Côte d'Ivoire51Malawi67
41Saudi Arabia35Cameroon51France65
42Uzbekistan33Yemen48Senegal64
43Peru33Republic of Korea47Chad62
44Angola33Morocco46Canada57
45Malaysia32Canada46Argentina57
46Mozambique31Saudi Arabia45Myanmar55
47Ghana31Spain44Yemen53
48Yemen30Mali44Burundi51
49Nepal29Burkina Faso43Benin47
50Venezuela28Uzbekistan43Thailand46
世界総人口7,795世界総人口9,735世界総人口10,875

目次に戻る

米国の衰退に賭けない方が良い

ウォーレン・バフェット氏は、今年の株主宛て書簡のなかで、「Never bet against America.(米国の衰退に賭けてはいけない)」と述べています。

実際のところ、バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイの長期投資先の大半は、米国内です(数少ない米国外の投資のなかに日本の商社が含まれていますね)。

ということで今回の記事は、人口動態を一つの事例として、米国株を中心に長期投資をすすめれば良いということを書きました。
(日本株を長期投資の中心にするのは止めておいた方が・・・。)
以上、ご参考になれば幸いです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました