IG証券
コラム

マイクロソフト、アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画を発表、約7.9兆円。

マイクロソフトがアクティビジョン・ブリザード(ATVI)を687億ドル(約7.9兆円)で買収を計画

マイクロソフトは2022年1月18日、ゲーム大手のアクティビジョン・ブリザード(ATVI)を687億ドル(約7.9兆円:1株当り95ドル)で買収することで両社の取締会が合意した、と発表しました。買収後は、売上高でテンセント、ソニーに次ぐ世界3位のゲーム企業になります。全額現金で買収、2023年の手続き完了を目指します。買収の成立には、規制当局やアクティビジョン株主による承認が必要です。
マイクロソフトにとって過去最大のM&Aで、有力ゲームスタジオを取り込むことで、ゲーム機やパソコン、クラウド、携帯電話にまたがりゲーム事業を拡大していく計画でです。

1兆円を超えると「大型買収」というイメージですが、今回の買収金額は、何と687億ドル(約7.9兆円)、しかも現金払いです。ちなみにソニーの時価総額は現在約16兆円ですので、今回の買収がどれだけデカいかがわかると思います。
なお、マイクロソフトの時価総額は現在約2.3兆ドル(約260兆円)で、日本の国家予算(2022年一般会計:107兆円)の2.4倍にのぼります。

昨日引け時点のATVIの日足チャートは、以下のような状況です。

昨日のATVIの株価は90ドルに届かず、巨大テック企業に対する反トラスト法適用を推進するバイデン政権のもとで、この巨大ディールが完了するかについて市場が懐疑的であることを示しています。 ちなみに、ソニーが本日の東証で約13%下げていますね。


目次に戻る

アクティビジョン・ブリザードは巨大ゲーム会社

アクティビジョンは「コールオブデューティ」や「ウォークラフト」などの人気ゲームを手がけ、プレーヤー数は月4億人、ソニーのプレステ(PS)やマイクロソフトのXboxなどにソフトを提供しており、21年の売上高は約86億ドル(21年11月時点の予想値)で、また「eスポーツ」の主力企業としても知られています。
銘柄解説 ATVI:Activision Blizzard, Inc.(アクティビジョン・ブリザード)
ゲームソフトウェア開発大手のアクティビジョン・ブリザードは、2008年に、アクティビジョンとヴィヴェンディ・ゲームズが合併して設立されました。同社の大株主は中国テンセントです。テンセントと、テンセントが株式保有する当...

アクティビジョンはセクハラなど相次ぐ不祥事をめぐって社内外から批判を浴びていました。今年1月17日、不適切行為疑惑への対応で、2021年7月以降約40人を解雇した他、約40人を処分したと発表しまた。こうした同社の課題が、マイクロソフトによる買収合意を後押ししたとみられています。

目次に戻る

マイクロソフトの過去の買収事例

マイクロソフトは、過去にノキアの買収で失敗しています。
Skypeも買収後に衰退していきましたね。

マイクロソフトは、ビル・ゲイツ氏が2000年までCEOを務めた後、ビル・ゲイツ氏が採用した30人目の社員であるスティーブ・バルマー氏に引き継ぎました。この時期のマイクロソフトは、Windowsで圧倒的なシェアを占めていましたが、ITのモバイル化やクラウド化という技術革新の波に乗り遅れていました。

2011年、マイクロソフトは、当時携帯電話市場で首位のノキアと手を組み、ウィンドウズモバイルを搭載した「ウィンドウズフォン」の販売を開始しますが、スマートフォン市場はアップルのiOSとグーグルのアンドロイドが市場を既に席巻してしまっていました。その後、スティーブ・バルマー氏は、2013年にノキアを約7,000億円で買収し、引き続き真っ向からアップルのiOS、グーグルのアンドロイドに戦いを挑みますが、戦局を覆すことはできず、失敗に終わったノキア買収の責任をとって辞任することになりました。

2014年に3代目CEOに就任したサティア・ナデラ氏は、あらゆるサービスのモバイル化とクラウド化を推進します。自社のOSにこだわり、OSと一緒にソフトを売るという従来の戦略を180度転換し、クラウド版Officeにサブスクリプションを導入するなどの大胆な施策により、マイクロソフトのビジネスモデルを大きく変えました。
2017年あたりから、大改革は同社の業績に徐々に反映されるようになり、足元は最高益を更新する成長企業に復活しています。

サティア・ナデラCEOが就任してからのマイクロソフトは、以下の様に抜かりのないM&Aを続けています。

Linked In

Linked Inは、ビジネスに特化したSNSです。
買収年:2016年
買収価額:262億ドル
Webサイト

GitHub

GitHubは、2,800万人以上のソフトウェア開発者が参加するソフトウェア開発プラットフォームです。同社のオープンソースの文化に配慮して、マイクロソフトは、何も変えない方針を発表しています。
買収年:2018年
買収価額:75億ドル
Webサイト

Zeniax Media

Zeniaxは、ゲーム開発企業Bethesda Softworksの親会社です。
買収年:2021年
買収価額:75億ドル
Webサイト

Nuance

Nuance(ニュアンス)は、ヘルスケア分野の人工知能(AI)や音声認識を手がける企業です。
買収完了予定は、2022年2月頃と見られています。
買収価額:197億ドル
Webサイト

現在のマイクロソフトは、ソフトウェア・クラウドコンピューティング・OS・ゲーム・広告と、収益性の高い複数の事業がうまくバランスされている点で、GAFAMの中でも際立っていますね。
盤石な感じです。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました