IG証券
コラム

ハイテク株暴落の中で、あまり下がっていない大型ハイテクの1銘柄は何か?

ダウ平均は一時1100ドル超下落

昨晩の米国株は、久々にプラス引けでしたね。昨晩はFOMCを前に、米金融政策やウクライナ情勢に関する先行き不透明感から、ダウ平均は一時1100ドル超下落して、昨年4月以来の安値を付けましたが、引けにかけて急速に上昇、プラス圏で引けました。

前週は、S&P500とナスダックの週間下落率が、新型コロナウイルスのショック相場(2020年3月)以来最大となっています。

目次に戻る

ハイテク株暴落の中で、あまり下がっていない大型ハイテク株は何か?

足元の暴落相場の中で、あまり下っていない大型ハイテク株が、一つだけあります。
それは、台湾の半導体ファウンドリ世界最大手「TSMC」です。

上のチャートは、大型ハイテク株を中心に、今年の年初からのパフォーマンスを相対比較したものです。(クリックで拡大できます。)
パフォーマンスの良いもの(悪くないもの)から順に並べると、以下の通りです。

  • TSMC:▼2.2%
  • S&P500:▼8%
  • メタ(フェイスブック)▼8.8%
  • グーグル:▼9.7%
  • アップル:▼11.2%
  • マイクロソフト:▼11.4%
  • ナスダック100:▼12%
  • ナスダック総合:▼12.4%
  • アマゾン▼15.1%
  • エヌビディア:▼22.4%
  • テスラ:▼22.4%
  • モデルナ:▼33%
  • ネットフリックス:▼35.1%

TSMCは、今月13日に公表した2021年4Q決算が市場予想を上回ったこと、また、もともと半導体を巡る台湾の地政学リスクから昨年は他の大型ハイテク株に比べて相対的に上昇していなかったこと、などがあげられそうですね。

なおモデルナとネットフリックスは、S&P500全体の中でもワーストパフォーマーになっています。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました