ラッセル2000株価指数(米国経済回復の先行指標)に注目しよう

ラッセル(Russel)2000株価指数とは?

ラッセル(Russel)2000株価指数とは、米国の代表的な株価指数の一つで、米コンサルタント会社のラッセルインベストメント社が1984年に開発した指数です。同指数は、ニューヨーク証券取引所やナスダック等に上場している銘柄のうち、時価総額が上位1001位から3000位までの銘柄の浮動株調整後の時価総額加重平均型の株価指数です。(なお時価総額上位3000社で構成される指数をラッセル3000株価指数とよび、そのうち上位1000社を除いたものが、このラッセル2000株価指数です。)

ラッセル2000株価指数は、米国市場の時価総額のおよそ10%を占めており、小型株で構成されることから、景気に敏感に反応する傾向にあり、景気が悪くなるときには先行して下げていくため、「暴落の先行指標」・「炭鉱のカナリア」とも呼ばれています。

この記事を書いている2020年12月中旬は、むしろ逆のタイミングです。3月の暴落以降、FRBの超緩和政策から投入された資金はIT・ハイテク株中心に株価をバブル的に押し上げてきましたが、現在は新型コロナウイルスのワクチン開発が進展しこれからワクチンの普及が始まろうとしており、米国の実体経済はこれから回復を始めようとしています。

以下は、主要株価指数がそろって高値をつけて相場付きが変わった2020年9月月初からの、直近約3か月を比較したチャートです。青がラッセル2000、赤がダウ平均、オレンジがS&P500、紫がナスダック総合、一番下の緑がナスダック100です。(なお赤い垂直線は、大統領選投票日の11月3日です。)

この3か月は、IT・ハイテク株中心のナスダック100指数の調整が最も大きく、一方で小型株で構成されるラッセル2000株価指数のパフォーマンスが際立って良いことがわかります。今は金融相場から業績相場に移行しようとするタイミングであり、しばらくはラッセル2000株価指数のパフォーマンスが良い相場が続きそうです。

ご参考に、以下は、2020年年初からの直近約11カ月の比較チャートです。年初来ベースでは現在、ラッセル2000株価指数はS&P500株価指数とほぼ同じパフォーマンスとなっています。

ラッセル2000株価指数に連動するETF

ラッセル2000株価指数に連動する最も代表的なETFとして、IWMを紹介しておきます。

IWM:iShares Russell 2000 ETF
運用会社:BlackRock
Yahoo Finance

Inception Date: 2000-05-22
Net Assets: 51.03B$
Net Expense Ratio: 0.19%

Top 10 Holdings
Caesars Entertainment Inc (CZR) 0.50%
Penn National Gaming Inc (PENN) 0.47%
Plug Power Inc (PLUG) 0.44%
Mirati Therapeutics Inc (MRTX) 0.43%
Sunrun Inc (RUN) 0.41%
Novavax Inc (NVAX) 0.38%
Darling Ingredients Inc (DAR) 0.34%
Lithia Motors Inc Class A (LAD) 0.33%
Deckers Outdoor Corp (DECK) 0.32%
Ultragenyx Pharmaceutical Inc (RARE) 0.32%

経費率が低く、時価総額も大きく、歴史も長い優良なETFですね。ETFの人気ランキングでも10位内に入っていることが多いです。

ETFの紹介 コラム
スポンサーリンク

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】
IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)、UK100(英FT100)、GER30(独DAX30)、EU50(ユーロ50)
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
マネックス証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国株専用スマホアプリTradeStation
為替手数料ゼロ(円貨決済での買付も適用)
銘柄スカウター米国株
NISA対応
楽天証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
スマホiSPEED、マーケットスピード
特定ETF買付Feeゼロ
広瀬隆雄氏レポート・バロンズ要約
ドル・円決済選択可
NISA対応
SBI証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国立会時間に注文可
逆指値注文可
定期的買付可
住信SBIネット銀行で入出金手数料無料
IPOスピードキャッチ
NISA対応
PayPay証券(旧OneTapBuy)
銘柄数:100超
手数料:基準価格x0.5%
2021年2月1日、One Tap BUYは「PayPay証券」へ
1,000円から米国の優良銘柄の株主に
操作はスマホ3タップだけ
誕生記念キャンペーン・キャッシュバック
BDCのARCC、MAIN取扱


【ビットコイン業者比較】
コインチェックCoincheck (コインチェック)
取扱銘柄16種類・国内No.1
取引手数料無料、マネックス運営
国内最強。初心者はまずココ
DMM BitcoinDMMビットコイン
レバレッジ取引可能!(4倍)
スマホアプリのチャート充実
安心のDMMグループ
GMOコイン
取引手数料無料
安心の東証一部
ビットコイン購入まで最短10分
bitFlyerbitFlyer (ビットフライヤー)
国内ビットコイン取引高No1
ユーザー数が多く相場が安定
スマホアプリでFX取引もOK
暗号資産CFDマネックスビットコイン
レバレッジ最大2倍
土日も含めて24時間365日取引可能
各種手数料0円
かんたんスマホアプリ

モトリーフール
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました