IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキングの最終更新日は2022年10月02日、個別銘柄チャートの最終更新日は2022年10月01日です。
コラム

アマゾン、MGM買収の完了を発表。FTCとの戦いは終了していない?

アマゾン、MGMの買収完了を発表

FOMCを通過して、昨日の米国株市場は堅調でしたね。

さて本日は、先日の株式分割・自社株買いの記事に続いて、アマゾンの記事にしたいと思います。

「アマゾンは、2022年3月17日、映画製作会社MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)の85億ドルの買収を完了したと発表。」と一斉に報道されていますね。

アマゾンは、2021年5月にこの買収計画を発表しました。その後、この取引について欧州委員会(EC)と米FTC(米国連邦取引委員会)が調査していました。欧州委員会は15日、アマゾンとMGMのビジネスの重複は「限定的」として、無条件に承認しました。一方FTCからは公式発表はまだありませんが、アマゾンは、FTCによる通常レビューの後に異議を申し立てる30日間の期限が過ぎたことで、このディールの完了を発表しました。

そもそも、市場においてこの買収が完了するかどうか不透明だったのは、アマゾンがこの買収計画を発表した直後の2021年6月に、反トラスト法(独占禁止法)専門の法学者リナ・カーン氏が、FTCの議長に就任したためです。

FTC議長に史上最年少の32歳で就任したカーン氏は、反トラスト法分野の常識を覆す論陣で巨大IT企業の規制強化を訴える新進気鋭の法学者で、エール大法科大学院の学生だった2017年に27歳で発表した論文「アマゾンの反トラスト・パラドックス」で注目を浴びました。

FTCは、法律に違反していると判断した場合は、買収完了後も異議を申し立てることができます。

【GAFAMのM&Aの歴史をおさえておこう】
ところでアマゾンは、GAFAMの中では、M&Aの数が少ない方です。最もM&Aが多いのはマイクロソフトです。なおGAFAMのM&Aの中で、最も歴史的なディールは、グーグル(アルファベット)のYouTube買収であると思います。

目次に戻る

MGMとは?


MGM Webサイト

MGMは1924年創業の映画製作会社で、約4,000本の映画タイトルと約17,000本のテレビエピソードを保有しています。主な作品には、「12人の怒れる男」「氷の微笑」「007」シリーズ、「ポルターガイスト」「レイジングブル」「ロボコップ」「ロッキー」「羊たちの沈黙」「スターゲイト」「テルマ&ルイーズ」「トゥームレイダー」、テレビ画組の「ファーゴ」「シャーク・タンク」などがあります。なお同社は、2010年に破産法11条(Chapter11、日本の民事再生法に相当)の適用を申請しています。

目次に戻る

映画・TVのストリーミング競争はさらに激化

アマゾンは、この買収によって、MGMの大量のコンテンツをアマゾンプライムのストリーミング・メニューに加えることができます。アマゾンは、映画・TVのストリーミングサービスにおいて、

  • AT&Tの「HBOMax」(ワーナーブラザースエンターテインメントが提供する数十年分の映画コンテンツ。なおAT&Tは、ワーナーメディアを分離してディスカバリーと統合する計画を進行中です。)
  • ウォルト・ディズニーの「Disney+」(ウォルトディズニースタジオの作品群)

と競争する上で、強力な手段を得たことになります。

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました