IG証券

【米国株.comへようこそ!】
ランキング・データの最終更新日は、2022年8月07日です。
個別銘柄の業績・株価比較チャート(米国株.com式)の最終更新日は、2022年8月06日です。
コラム

「米国REIT」特集(7)変わり種の米国REIT銘柄

変わり種の米国REIT銘柄

米国REIT特集の7回目として、今回は変わった性質のREITとして、以下の銘柄をご紹介したいと思います。

  • GEO:GEO Group Inc

おすすめの銘柄という意味ではありません。単なる銘柄紹介ですので、ご注意ください。

GEO:GEO Group Inc

会社Webサイト
Yahoo Finance

この銘柄は、別記事「米国REIT」特集(2)米国REIT全銘柄リスト(投資対象別)の、「特殊型の米国REIT一覧」に属しています。分配金利回りが異様に高いのですが価格は下がり続けています。
また前回の記事「米国REIT」特集(3)米国REIT関連のETFでは、ハイリスク・ハイリターン型のETF「KBWY」の保有銘柄の第1位になっています。

GEOは、囚人の収監施設に投資するREITです。政府に代わって民間が運用するこのような施設を、英語では「Private Prison(民間刑務所)」と呼びます。GEOは、トランプ政権からバイデン政権に代わると、大きな悪影響がある銘柄といわれていました。バイデン政権は「民間企業が囚人の投獄から利益を得るのは阻止するべき」というスタンスであるためです。この問題は、政治献金にも関連があります。

米国では、囚人が多すぎるので民間を利用する方が効率的である点も関連しています。

同社は、民主党政権でのリスクに対応するために事業の多角化をすすめており、たとえば電子監視、囚人の輸送、更生管理、商業用不動産などの事業をすすめているとされています。(詳しくは、同社のWebサイトをご覧ください。)

幅広い投資対象をもつ米国REITの中でも、きわめて特殊なREITですね。
高い分配金利回りの一方で、価格は下がり続けています。このREITへの投資はNGですね。ETFのKBWYもNGです。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」
【(オススメ)最強のチャート分析ツールTradingView。活用方法は無限大!】

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました