1月5日の米国株市場(「両議席とも民主党優勢」速報で、米株先物下落)

おはようございます。

昨日の米国株市場は、ジョージア州米上院議員の決戦投票を控えた中で主要指数は上昇、ダウ平均は+0.55%、S&P500は+0.71%、ナスダック総合は+0.95%でした。

現在東京市場で、開票経過の速報が始まっています。
「両議席とも民主党優勢」の速報で、米国株の先物・CFDが売られています。

なお、長期金利は0.967%へ上昇、VIX指数は25台、ビットコインは34,000近辺でと推移しています。

【昨日の米国市場】
DJIA: 30,391.60 (+167.71, +0.55%)
S&P500: 3,726.86 (+26.21, +0.71%)
Nasdaq Composite: 12,818.96 (+120.51, +0.95%)
Nasdaq 100: 12,802.38 (+107.71, +0.85%)
Russel 2000: 1,979.11 (+33.19, +1.71%)
Gold Future: 1,957.60 (+3.2)
Oil Future: 49.95 (+0.02)
US10Y: 0.967% (+0.012)
VIX: 25.34 (-1.63)
BTC/USD: 33,953.48 (-69.62)

【本日の経済指標】
22:15 (US) ADP全国雇用者数
28:00 (US) FOMC議事録公表(12月15日・16日開催分)
ジョージア州上院議員選挙決選開票

【本日の決算発表】
重要な決算発表はありません

タイトルとURLをコピーしました