IG証券
コラム

イーロン・マスク氏は、日本の人口減少を(日本人よりも)心配している

日本に長期投資できない理由

貴方の大切な資産を長期投資する上で、各国の人口動態をおさえておくことはとても重要ですね。
以下の過去記事もご覧になっていただければと思います。
米国は2100年でも人口が増加中。(米国の衰退に賭けない方が良い)
グローバル分散投資を行う上で、人口動態の把握は重要 グローバル分散投資を行う上で、主要国の人口動態をおさえておくことは大切ですね。 下のグラフは、人口が多い世界の国々について、2020年から2100年までの、総人口と生産年齢人口(1...

イーロン・マスク氏、日本の人口減少についてツイート

イーロン・マスク氏が、日本を名指しで、人口減少を心配している以下のツイート(2022年5月7日)が話題になっています。

 

2021年10月1日時点の日本の総人口が前年から64万4000人減少して1億2千5百万人になった、という報道に対して、マスク氏は、「当たり前のことをいうようかもしれないが、出生率が死亡率を上回るための何かの変化がない限り、日本はいずれ存在しなくなるだろう。」とツイートしました。

マスク氏は、かねてより、世界の出生率の低下傾向に警鐘を鳴らしてきています。同氏は、「世界に大きなインパクトをもたらしたい」という思いが、モチベーションにつながっています。

日本は長年、子育て世代の支援を中心にした少子化対策を進めてきましたが、現実は手遅れ状態になってしまっていますね。これの背景としては、問題を直視せず、大きな痛みを伴う2つのタブー(①移民の受け入れと、②人口の地方分散)に挑戦できなかったことがあるとされています。

日本人というか日本社会の大きな特徴の一つは;

  • 小さなことを皆で協力してコツコツやることはとても優秀で、品格・礼儀も世界屈指
  • でも、いざ大きな方針を変えないといけない状況になると、問題を直視できなくなる

という点だと思います。

痛みを伴う改革を、嫌われても断行するサッチャー英国元首相のような政治家が出てこないというか、日本社会が出そうとしていないんですかね。

マスク氏は気まぐれ・予測困難といわれる一方で、言っていることは正論で、行動力もずば抜けていることが、世界中で共感されているのだろうと思います。

 

目次に戻る


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました