12月11日の米国株市場(利益確定売りが続く中、ディズニー大幅高)

おはようございます。

昨日の米国株はまちまちの展開、ダウ平均は+0.16%、S&P500は -0.13%、ナスダック総合は-0.23%となりました。追加経済対策を巡る与野党協議の難航が続いており、各指数は前半下げて始まり、後半に押し目買いが入って引けています。全体的に利益確定売り優勢が続く中、ディズニーは動画配信サービス「ディズニー+」の値上げを含む強気な発表が好感されて大幅高、ダウ平均はプラス、3万ドル台で引けています。

大詰めの英国EUの貿易交渉は、合意なき離脱の可能性が高まっており、ポンドが全面安の展開でした。

S&P500 CFD 1時間足(クリックで拡大できます。)
1時間足チャートに、日足のローソク足と日足のボリンジャーバンドを同時に表示しています。
青い水平線はウイークリーピボットです。
S&P500は、テクニカル分析が最もよく効きます。ウイークリーピボットがよく効いているのをご確認ください。

ナスダック100 CFD 1時間足(クリックで拡大できます。)


ラッセル2000 CFD 1時間足
(クリックで拡大できます。)

DJIA: 30,046.37 (+47.11, +0.16%)
S&P 500: 3,663.46 (-4.64, -0.13%)
NASDAQ Composite: 12,377.87 (-27.94, -0.23%)
NASDAQ 100: 12,377.87 (-27.94, -0.23%)
Russel 2000: 1,911.70 (-11.01, -0.57%)
GOLD: 1,843.5 (+6.1)
OIL: 46.56 (-0.22)
US 10-YR: 0.896 (-0.012)
VIX: 23.31 (+0.79)

タイトルとURLをコピーしました