IG証券
コラム

タバコ関連銘柄(アルトリア、フィリップモリス)が「高配当株」である理由

タバコ株(アルトリア、フィリップモリス)が「高配当株」である理由

最初に申し上げておきますが、私は非喫煙者です。

さて、タバコ関連株(米国株ではアルトリアフィリップモリス、英国のBritish American Tobaccoなど)は、なぜ高配当であるかをまとめておきたいと思います。

  • 原価率が低く、一方で中毒性のある嗜好品であるために税金の割合が高くても収益が安定、かつブランド戦略が有効で、その結果利益率が高くキャッシュフローが潤沢です。
  • 先進国を含めた世界全体でみると喫煙率が減少してきていますが、世界最大のタバコ消費国の中国をはじめ、中東・低所得国・貧困層の喫煙率は依然として高いままです。(中国の喫煙者数は約3.5億人、毎年世界の43%以上の巻きタバコを消費、タバコの納税額は1000億元で国家の総税収のうちの10%を占めています:情報元
  • 多くの訴訟案件を抱えており、また企業の社会的責任(CSR)の観点によるネガティブな要素から、株価が割安であるといえます。

なお、アルトリア(旧フィリップモリス)が、海外部門をフィリップモリス・インターナショナルとして分離した背景には、訴訟リスクの低減があるとされています。(WikiPedia

以下の3点も、ポイントとしておさえておいた方が良いと思います。

  • そもそも、アルトリア(旧フィリップモリス)は、2008年までは、ダウ平均の構成銘柄でした。
  • また最近はCSRの観点から、製品開発による無煙製品が、最終的に紙巻たばこに取って代わることを長期の方針としています。
  • 足元の大麻合法化の流れも追い風

さて、高配当株戦略の貴方は、たばこ関連株に肯定的でしょうか、否定的でしょうか?
いずれにしても、高配当ETFを買うと、たばこ関連株が含まれるケースが多いと思います。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました