IG証券
コラム

株価指数の「自動売買」をMT4ではじめてみよう(5)自動売買に最も適した株価指数はどれか?

はじめに

この特集では、楽天が「株価指数のCFD」の取り扱いを「MT4」で始めたので、これに対応して、「MT4による株価指数の自動売買」の記事を書いています。

(楽天証券のCFDサービスの詳細は、こちらからどうぞ↓)

今回は、自動売買に最も適した株価指数はどれかについて、書きたいと思います。

自動売買に最も適した株価指数

楽天証券が取り扱いを始めた株価指数のCFDは、以下の7つです。

  • US30(ダウ平均)
  • US500(S&P500)
  • US100(ナスダック100)
  • JP225(日経平均)
  • UK100(英FT100)
  • GER30(独DAX30)
  • EU50(ユーロ50)

株価指数の品ぞろえとしては十分すぎると思います。

この中で自動売買に最も適した株価指数はどれかというと、(いろいろな意見があると思いますが)私個人的に、「一般的に」自動売買に適しているのは、米国の「S&P500株価指数」であると考えます。その理由は;

  1. S&P500指数先物は、世界で最も流動性の大きい株価指数先物市場である(売買高の順位は、S&P500先物>ナスダック100先物>ダウ平均先物、となります。)
  2. 世界中のインデックスファンドが、S&P500指数を基準としている
  3. 銘柄が分散されている(ダウ平均は30銘柄だけなので特定銘柄の影響が大きく、またナスダック100は「GAFAM+T」だけで時価総額の半分を占めておりボラティリティが大きい指数です。)

これらの要素によって、「S&P500株価指数」は値動きが素直でトリッキーな動きが少なく、比較的トレンドが続く傾向があり、テクニカル分析が最も効きやすいので、(一般的に)自動売買に適している、と考えるためです。

ただし、売買ロジックによっては、他の株価指数が合っているケースも多々あります。よって、特にS&P500株価指数に限定することなく、ダウ平均・ナスダック100・日経平均・欧州の各指数も、広く試してみるとよいと思います。

この特集はまだまだ続きます。よろしくお願いいたします。


【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」】IG証券
IG証券のメリット
日系証券の中で唯一、株価指数CFD・商品CFDの最小ロット「0.1」(これから株価指数CFD・商品CFD取引を始める場合、最小ロット「1」ではなく、最小ロット「0.1」をおすすめします。)
・日系証券の中で最も多い株価指数CFD・商品CFDの品揃え。グローバル分散投資に最適
・米国株価指数は、ダウ30、S&P500、ナスダック100、ラッセル2000、VIX指数、FANG指数(ラッセル2000を取引できるのは、日系証券ではIG証券とOANDAのみ)
・日系証券の中で唯一、24時間取引可能(いつでも決済取引が可能)
・世界の株価指数CFD:約40銘柄、株式CFD(米国株、米国ETF、欧州株、中国株、日本株等):約12,000銘柄、FX通貨ペア:101銘柄、金、原油、銅、コーンなど商品CFD:約70銘柄
・レバレッジあり、売りからも可能(信用取引と同様のトレード可能)
・リーズナブルな手数料・1株数百円~数千円から
・バイナリーオプション、ノックアウト・オプション
・ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
・学習コンテンツ充実、新規口座開設キャンペーン(5万円キャッシュバック)
参考記事はこちら「株価指数CFD・商品CFDの取引は、どの証券会社を選ぶべきか?【徹底比較・2022年版】」

【(オススメ)グローバル分散投資に最適な江守氏のメルマガ。ヘッジファンドのノウハウを学んで投資スキルを高めよう!】

スポンサーリンク
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました