投資ガイド

5月28日の米国株市場(反落、長期金利2.44%まで低下、ユーロドル大台1.36割る)

  • S&P 500: 1909.78  -2.13  0.11%
  • Dow 30: 16633.18  -42.32  0.25%
  • Nasdaq: 4225.07  -11.99  0.28%
  • 10Yr Note: 2.4380  -0.08
  • VIX: 11.68  +0.17
  • Crude Oil: 102.94  +0.22
  • Gold: 1258.00  -1.70

主要指数はそろって5日ぶりに反落しました。

10年債利回りが約10カ月半ぶりの2.44%まで低下してきました。
異様な金利低下です。原因は諸説あるようですね(中国当局の米国債買い、新興国の中央銀行による米国債買いなど)

マクドナルド(MCD)▲1.04%
2014~16年の株主還元目標(自社株買い・配当)、グローバルに1500店の資産流動化計画を発表したが、主戦場の米国での収益先行き懸念が強く下落

ユーロドルはいよいよ大台の1.36を切ってきました。
ECB理事会の後に「バイ・オン・ファクト」で切り返すどうか注目です。
金融緩和政策の一方で、貿易収支は黒字ですからね。

ドル円は101.70付近、ユーロ円は138円前半、ユーロドルは1.36近辺で推移しています。