相場分析 2021-02-24(主要指数はパウエル議長証言後に急速に切り返し。テスラは620ドルで切り返して700ドルで終了。ビットコイン5万ドル回復)

おはようございます。
今週金曜は月末営業日で、リバランスに要注意の週です。

さて昨日の米国株市場は、急落で始まったものの終盤に急速に切り返し、ダウ平均は+0.05%、S&P500は+0.13%、ナスダック総合は、-0.5%でした。

米10年債利回りは1.347%に小幅下落、原油WTI先物は61台と横ばいで推移しています。

US500(S&P500株価指数CFD)1時間足チャート

S&P500は、20日移動平均線(赤の太線)・需要なサポートライン(青い水平線)まで、終盤のパウエルFRB議長の議会証言後に急速に切り返しました。

US100(ナスダック100株価指数CFD)1時間足チャート

一方ナスダック100は、S&P500より弱く20日移動平均線(赤い太線)を明確に割っていますが、前回安値(下側の青い水平線)で切り返し、こちらも終盤のパウエルFRB議長の議会証言後に強くリバウンドして、ほぼ前日かわらずの水準まで戻しています。20日線を回復できるか、今晩に注目です。


レバレッジ10倍、下落局面でも利益を狙える楽天の株価指数CFD

パウエルFRB議長は「年内の見通し改善が示唆されている」「目標に向け長い道のりであり、一段の進展には一定の時間がかかる」と引き続き景気を支援する姿勢を強調しました。また市場が注目していた長期金利上昇については「成長とインフレの見通しによるもの」と述べるに留まりました。議長はインフレ自体について、向こう1年程度は大きく変動する可能性に言及しているものの、インフレの上昇幅が大きくなったり、それが持続的な上昇を見せるとは見込んでおらず、インフレ自体にタカ派な見方ではない印象を市場に与えました。改めてFRBの景気への支援姿勢を強調したことで、株式市場は証言後に急速に買い戻しがすすみました。

IT・ハイテク株の調整が続く中、マイクロンやアプライド・マテリアル、インテルなど半導体関連株は上昇。またウォルト・ディズニーや、ビザ、シェブロン、ベライゾン、P&Gなどが堅調でした。

ビットコインが大幅安で、テスラを含め、ビットコイン関連銘柄が下落しました。

テスラ日足チャート

テスラは620ドル近辺で切り返し、700ドル近辺(フィボナッチ0.382の水準)で終えています。

テスラ株は、上値がこれから重くなって日柄調整がはじまる、というのが教科書的な予測ですが、さてどうなるでしょう。

為替市場では、ポンドが引き続き強い展開、ユーロドルは1.214台まで小幅下落の展開でした。

VIX指数は23台に上昇しています。

ビットコイン/USD 1時間足チャート

ビットコインはこの記事を書いている間に50,000ドルを回復してきました。20日移動平均線も超えてきました。昨日の値動きは、過去の重要なサポートラインである46,000ドル(2番目の青線)と、20日移動平均が交差する領域での攻防だった、と言えそうです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村(よろしければ応援のポチをお願いします!)

【昨日の米国市場】
DJIA: 31,537.35 (+15.66, +0.05%)
S&P500: 3,881.37 (+4.87, +0.13%)
Nasdaq Composite: 13,465.20 (-67.85, -0.5%)
Nasdaq 100: 13,194.71 (-29.03, -0.22%)
Russel 2000: 2,231.31 (-19.76, -0.88%)
Gold Future: 1,809.60 (+3.7)
Oil Future: 61.23 (-0.44)
US10Y: 1.347% (-0.017)
VIX: 23.11 (-0.34)
BTC/USD: 49,142.35 (+281.37)

【今週の経済指標】

22日(月)
独IFO景況感指数(2月)

23日(火)
天皇誕生日祝日のため東京市場は休場
英失業率(1月)
米消費者信頼感指数(2月)
パウエルFRB議長、米上院で議会証言

24日(水)
NZ中銀政策金利
パウエルFRB議長、米下院で議会証言

25日(木)
米GDP改定値(第4四半期)
米新規失業保険申請件数 (20日終了週)

26日(金)
米個人所得支出 (1月)
米PCEデフレータ(1月)

【今週の重要な決算発表】
23日(火): Square, Home Depot
24日(水): Nvidia,
25日(木): Moderna, Salesforce, Airbnn

市況・相場分析
スポンサーリンク

【(オススメ)グローバル投資戦略で最適な金融商品を選べる「IG証券」。ARKKも可能】
IG証券
ARKK・ARKQなどのARKのETFを取り扱う国内証券はここだけ(CFD)
米国株、日本株、欧州株、ETF等のCFD:約12,000銘柄
世界の主要株価指数CFD:約40銘柄
金、原油など商品CFD:約70銘柄
通貨(FX):約100通貨ペア
ノックアウト・オプション
ロンドン取引所上場、世界23万人以上が利用、CFD世界No1
全部IG証券のCFDでワンストップ取引!

【(オススメ)下落局面でも利益を狙える株価指数CFD】
楽天CFD
レバレッジ:日米欧株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
はじめてのCFDを楽天証券で
MT4自動売買も可能
取引手数料ゼロ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)、UK100(英FT100)、GER30(独DAX30)、EU50(ユーロ50)
DMM CFDDMM CFD
レバレッジ:日米株価指数:10倍、商品:20倍
下落局面でも売りから入って利益を狙える
原則固定スプレッド
安心のDMMグループ
US30(ダウ平均)、US500(S&P500)、US100(ナスダック100)、JP225(日経平均)

【米国株の個別銘柄・ETFを取り扱う国内証券会社】
マネックス証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国株専用スマホアプリTradeStation
為替手数料ゼロ(円貨決済での買付も適用)
銘柄スカウター米国株
NISA対応
楽天証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
スマホiSPEED、マーケットスピード
特定ETF買付Feeゼロ
広瀬隆雄氏レポート・バロンズ要約
ドル・円決済選択可
NISA対応
SBI証券
銘柄数:4,000超
手数料:0.45%(税抜)下限0$~上限20$
特定口座対応
米国立会時間に注文可
逆指値注文可
定期的買付可
住信SBIネット銀行で入出金手数料無料
IPOスピードキャッチ
NISA対応
PayPay証券(旧OneTapBuy)
銘柄数:100超
手数料:基準価格x0.5%
2021年2月1日、One Tap BUYは「PayPay証券」へ
1,000円から米国の優良銘柄の株主に
操作はスマホ3タップだけ
誕生記念キャンペーン・キャッシュバック
BDCのARCC、MAIN取扱


【ビットコイン業者比較】
コインチェックCoincheck (コインチェック)
取扱銘柄13種類・国内No.1
取引手数料無料、マネックス運営
国内最強。初心者はまずココ
DMM BitcoinDMMビットコイン
レバレッジ取引可能!(4倍)
スマホアプリのチャート充実
安心のDMMグループ
GMOコイン
取引手数料無料
安心の東証一部
ビットコイン購入まで最短10分
bitFlyerbitFlyer (ビットフライヤー)
国内ビットコイン取引高No1
ユーザー数が多く相場が安定
スマホアプリでFX取引もOK
暗号資産CFDマネックスビットコイン
レバレッジ最大2倍
土日も含めて24時間365日取引可能
各種手数料0円
かんたんスマホアプリ

モトリーフール
米国株投資ガイド『米国株.com』
タイトルとURLをコピーしました